成果報告書詳細
管理番号20100000001769
タイトル平成18年度~平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A35002c 籾殻活性炭による燃料油中難脱硫化合物の吸着除去 平成21年度最終
公開日2011/7/28
報告書年度2006 - 2009
委託先名秋田県立大学熊谷誠治
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約シリカ分を除去した籾殻活性炭を製造した結果、酸化銅を担持させなくとも、担持させた場合より優れた脱硫性能を示す籾殻活性炭が得られた。54 cm3 の固定床を有する流通式脱硫試験を行った結果、排出灯油中の4,6-ジメチルジベンゾチオフェン濃度は54.2 時間20 mass ppb-S 以下に保持された。この優れた脱硫性能は、籾殻活性炭中のシリカ分が除去されたことにより、吸着サイトであるウルトラマイクロ孔の容積が増大したこと、吸着サイトへの導入効率を増加させるメソ孔容積も増大し、吸着速度が増加したこと、さらには、炭素含有率の増加により4,6-ジメチルジベンゾチオフェンとのπ電子相互作用が大きくなったことが原因と推測された。
英文要約Silica-removed RHAC was produced and it showed superior desulfurization performance compared to CuO-supported RHAC.
Fixed-bed flowing desulfurization test was carried out using a 54 cm3-bed column and commercial kerosene at the flowing rate of 1 cm3/min. The concentration of 4,6-dimethyldibenzothiophene (4,6-DMDBT) in the effluent kerosene was maintained to be <20 mass ppb-S for 54.2 h. This superior performance was suggested to result from the increase in the volumes of ultramicropores and mesopores, and increase in the content of carbon enhancing the π electron interaction between benzene-rings in DBTs and local graphitic structures in the RHAC.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る