成果報告書詳細
管理番号20110000000199
タイトル平成19年度~平成21年度成果報告書 アスベスト含有建材等安全回収・処理等技術開発/オンサイト移動式アスベスト無害化・資源化装置の開発
公開日2011/7/28
報告書年度2007 - 2009
委託先名北陸電力株式会社
プロジェクト番号P07025
部署名環境技術開発部
和文要約アスベスト廃棄物による環境リスクを低減するため、アスベスト含有保温材を解体現場で速やかに溶融・無害化するオンサイト式アスベスト溶融・無害化処理システム(以下、「オンサイトシステム」という。)の研究開発に取り組んだ。以下に、研究課題と成果について概要を示す。主な成果として、従来(1500℃以上)を大幅に下回る温度での無害化技術を確立するとともに、オンサイトシステムが実用レベルにあることを確認した。
1. 飛散抑制ユニットの設計・製作
(1)実用化飛散抑制ユニットの設計 平成18年度に開発した実用規模の150kW誘導加熱溶融炉の溶融・無害化処理試験において、処理速度の向上、保温材水分の削減及び熱損失の抑制が課題となった。そこで、システムの構成要素となる破砕、予備乾燥、放熱抑制、攪拌、熱回収及び前置型集塵について、予備試験結果をもとに最適な機能・構造を決定し実用化飛散抑制ユニットを設計した。
(2)実用化飛散抑制ユニットの製作 (1)の設計に基づいてトレーラへの搭載を想定した実用化飛散抑制ユニットを製作するとともに、アスベスト含有保温材による溶融試験を実施し、連続安定運転を行うための条件を見極めた。また、処理溶融物、集塵装置排ガス及び周辺大気からアスベストは検出されず、実用レベルにあることを確認した。
2. 「吹付けアスベスト無害化・資源化処理の研究開発」
(1)溶融ラボ試験 3kW誘導加熱溶融炉を用いて、クロシドライト、クリソタイルを含むアスベスト含有吹付け材の溶融ラボ試験を行った。アスベスト含有保温材と同じアルカリ融剤、溶融温度で処理した結果、溶融物からいずれも検出されず無害化されていることを確認した。
(2)実用規模での溶融・無害化試験 150kW誘導加熱溶融炉を用いて2.(1)と同条件でクリソタイルを含むアスベスト含有吹付け材を溶融処理した結果、溶融物からクリソタイルは検出されず無害化されていることを確認した。
3. オンサイト式溶融・無害化処理システムを用いた実証試験
(1)実用化飛散抑制ユニットの改良とトレーラの設計 保温材自動投入機構,溶融物取出し機構を付加した実用化飛散抑制ユニット及び150kW誘導加熱溶融炉をトレーラに搭載したオンサイト式システムの設計を行った。なお、オンサイト式システムは前室、中室(負圧室)、後室の3室で構成し、アルミパネルで外壁を覆う構造とした
(2)トレーラへの架装および商用運転を想定した長時間連続運転 開発したオンサイトシステムを移動して火力発電所構内に設置し、6昼夜(うちアスベスト含有保温材は1昼夜)の連続運転試験を行い、アスベストの確実な無害化及び装置の機能に問題がないことを確認した。
(3)実証試験による安全性及び実用化評価 オンサイトシステムによる最終実証試験を実施し、目標とする処理能力(208kg/時(5トン/日)以上)とアスベストの確実な無害化及び装置の安全性を確認した。
(4)緊急時対応システムの構築と作動確認試験 地震や停電等の緊急事態が発生してもアスベスト飛散や機器損傷などのリスクを回避し自動的に安全停止できる緊急時対応システムを構築するとともに、地震や停電を模擬した作動試験において確実に動作することを確認した。
4. 実用化に資する導入シナリオとビジネスモデルの策定 アスベスト含有保温材処理の市場規模,適用業種及びオンサイト処理にあたっての技術的制約事項等を調査するとともに、経済性リスクや損益分岐点の試算し、本システムで事業化する際のビジネスモデルの検討を行った。
英文要約In order to reduce the environmental risks by the asbestos waste, we researched and developed "the onsite asbestos fusion and neutralization processing system" (from now on, call "the onsite system"), which let asbestos thermal insulations concluded to be fused and neutralized immediately in the dismantling spots. We developed a processing system that made asbestos be fused and neutralized at much lower temperature in comparison with the former fusion processing (more than 1,500℃) and The onsite system confirmed to be in the practical use level.
1. The design and the production of the scattering restraint unit
(1) We found the problems of improvement of the processing speed, water reduction in thermal insulations and heat loss restraint of induction furnace. We determined the best function and structure and designed the practical use scattering restraint unit based on the preliminary examination result.
(2)We carried out a fusion examination by the asbestos thermal insulations and ascertained the operating conditions to run stably and consecutively. Moreover, a practical use scattering restraint unit was confirmed to be in the practical use level, with no asbestos being detected from fusion product, dust collector effluent gas and the atmosphere round the system.
2. Research and development of spraying asbestos neutralization and recycling
(1)We carried out a fusion laboratory examination of asbestos spraying materials containing crocidolite and chrysotile using the 3kW induction heater.
We confirmed that two fusion products turned to be neutralized.
(2)When we carried out fusion processing of asbestos spraying materials containing chrysotile with 150kW induction heater, and we confirmed that the fusion product turned to be neutralized.
3. The demonstration examination with onsite fusion and neutralization processing system
(1)We designed the onsite system that installed the practical use scattering restraint unit, containing automatic input and output mechanism, and the 150kW induction heater on the trailer.
(2) We examined the consecutive operating of six days and nights in thermal power station yard, and confirmed that the asbestos fusion product turned to be neutralized certainly and the function of each device had no problem.
(3)We confirmed achieving the objective of processing capacity (more than 208kg/ hour ( = 5t / day)), the certain neutralization of asbestos fusion product and the safety of each device. 
(4)We constructed the system of automatic shutoff. We carried out the mock operation examination at the time of an earthquake or an electric outage and confirmed the certain operations.
4. An introduction scenario and development of the business model to contribute to practical use
We investigated a market size, applicable industry and the restrictions of the technology for on-site processing of the asbestos thermal insulations processing. In addition, we calculated the economic risk and break-even point provisionally and examine the business model in order to make the onsite system to the business.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る