成果報告書詳細
管理番号20110000000438
タイトル*平成22年度中間年報 太陽エネルギー技術研究開発/太陽光発電システム次世代高性能技術の開発/フレキシブルCIGS太陽電池モジュールの高効率化研究(装置開発)
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社アルバック
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等 1)装置構想の決定 富士フイルム(株)殿にて開発しているロール状特殊基板へのCIGS成膜専用装置の開発ということで、富士フイルム(株)殿と協議、基板データをもとに装置構想を決定した。 基本装置コンセプト概要 (1)基板の脱ガス専用ゾーンを設置 脱ガス必要温度、時間に合わせた加熱ゾーンの設置 (2)基板を加熱しながらCIGS層を蒸着法にて成膜する (3)CIGS層成膜後は、成膜面を接触させない (4)基板の温度、必要張力に合わせた成膜ゾーンの設置
英文要約Title:High Efficiency Development of Flexible CIGS Solar Battery Module (Development of Equipment)(FY2010~FY2012)
1)Decision of the Equipment design:We decided equipment design based on specially substrate data, which is developed by Fujifilm Corporation.Below is the summary of our basic equipment concept. (1)Designed the substrate degas zone for exclusive use. (2)CIGS layer is deposited in-situ heating the substrate. (3)After deposition, CIGS layer doesn’t touch any other roller. (4)Designed deposition zone based on temperature and tension property of the substrate. 2)Designed Equipment Drawing:We made a production drawing, based on a device design.The diagrammatical view of the whole equipment is the attached figure.3)Product of Equipment parts:We product the equipment parts based on the drawing.We are going to complete equipment assembling in June 2011.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る