成果報告書詳細
管理番号20110000000693
タイトル*平成22年度中間年報 省エネルギー革新技術開発事業 挑戦研究 走行中非接触給電システムの研究開発
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名昭和飛行機工業株式会社 国立大学法人東北大学 日産自動車株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名エネルギー対策推進部
和文要約平成22年度は、kQの積の高いコイル開発(昨年度の事前研究でもコイル間結合係数kとコイルのQ値の積が大きいコイルほど高い伝送効率を達成すること確認されている)を行い、試作した試験用高周波電源で3.1kWまでの出力を確認した。総合効率は500V運転にて71%を得た。また、コイルからの電磁放射を下げるための送電コイル側に交叉コイルを考案し、電磁界解析および試作品の電波暗室での測定を行い、並行コイルと対比して、電磁放射が低減することを確認した。
英文要約Title: R&D Program for Innovative Energy Efficiency Technology, Exploratory research phase, A development of inductive power supply system for moving vehicles (FY2010-FY2012) FY2010 Annual Report
The first year achievements of inductive power supply for highway consist of enlargement of spatial gap, higher efficiency and lower electromagnetic emission. We found appropriate cable material and construction such as strand number for practical coils, which enables higher KQ product, which was discussed in our former NEDO project. We adopted twisted coil construction for a lower emission primary coil and made a computing analysis for with-or-without shielding compared with a parallel coil, as well as measurement in an anechoic chamber. We made a power transmission practice with the twisted coil and shield, so that the output was 3.1kW with 71% efficiency.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る