成果報告書詳細
管理番号20110000000749
タイトル平成20年度~平成22年度成果報告書 エネルギー使用合理化技術戦略的開発 エネルギー有効利用基盤技術先導的開発 インテリジェントタップを用いた簡易型HEMSの研究開発
公開日2011/7/28
報告書年度2008 - 2010
委託先名NECシステムテクノロジー株式会社
プロジェクト番号P03033
部署名エネルギー対策推進部
和文要約従来のHEMSが持つ普及障壁(設置・維持コスト大、対象家電や制御方法が限定されており、変更や追加が困難で柔軟性に欠ける)を、家電を挿して置くだけで簡単に運用可能なタップ型の簡易型HEMSを開発し、解決した。簡易型HEMSを一般世帯にて実証実験し、本成果未使用時比で約18.5%の省エネ効果を確認した。1.タップ型HEMS装置の開発:A4サイズ以下、消費電力1W/台のタップ型HEMS装置による家電制御を実現した。2.スマート環境センサの開発:複数のセンサ素子を搭載したスマート環境センサを開発した。さらに、無線通信の省電力化設計・開発を行い、小型電池で1年程度の駆動を実現した。3.機器特定技術の開発:タップに挿した家電機器を特定するアルゴリズムを考案し、73機種を1秒程度で特定可能な性能を確認した。4.フレキシブルルール生成技術の開発:家電機器の増減や快適性指標(PMV)に応じて動的に省エネ制御ルールが動作可能なルールフレームワークを実現した。また、6.の実証環境で一般被験者が容易に運用可能なプリセットルールを定義し動作した。5.電力可視化技術の開発:消費電力、省エネ制御ルールによって節約した電力、簡易電気料金、適用した省エネ制御ルール、スマート環境センサの情報をPC上で表示可能とした。6.性能評価・実証実験:本成果未使用時比で17%の省電力効果を目標とし、一般世帯9世帯での実証実験により約18.5%の省電力効果を確認した。また、実証実験に際して、第三者有識者による普及検討委員会を開催し、システムの一般世帯への普及という観点での実証内容の妥当性を確認した。[研究発表と特許、成果普及の努力](1)研究発表・講演(口頭発表も含む)13件(20年度:4件,21年度:5件,22年度:4件)(2) 特許等11件(20年度:3件,21年度:2件,22年度:4件、準備中2件)(3) 受賞実績1件(情報処理学会第71回全国大会 大会優秀賞,平成21年3月9日)(4) 成果普及の努力(プレス発表等)8件(21年度:8件)
英文要約We have developed the simple HEMS by intelligent power strip. It settled problems for the spread of conventional HEMS (ex. It takes the installation cost and the maintenance cost. The energy control methods are limited.).We have realized about 18.5% improvement this fiscal year compared to the previous year.[1. Development of the Power Strip type HEMS equipment]We have developed the home electronics control technology using the power strip type HEMS that is smaller than A4 paper and consumes only 1 watts.[2 Development of "Smart Environmental Sensor"]We have developed the "Smart Environmental Sensor" including 4 sensors and the power-saving technology of radio communication algorithm. Because of the "Smart Environmental Sensor" continues working for one year only with a small battery.[3. Development of home electronics recognition technology]We have developed the home electronics recognition algorithm and realized the performance that is 73 models are recognized in about 1 second.[4. Development of power control rule generation technology]We have developed the energy control rule framework can dynamic operation by fluctuation of Home electric appliances and the comfort index (PMV :Predicted Mean Vote). We also defined the presetting rule the general user can use easily for "6. Performance evaluation".[5. Development of electric power visualization technology]We have developed the technology which confirms the information about energy conservation (the power consumption, the power saved by the energy control rule, the simple electricity charges, applied energy control rule and information on the "Smart Environmental Sensor") on PC.[6. Performance evaluation]The performance evaluation of above technologies was done at 9 ordinary household. And it was confirmed that they cut energy consumption of 18.5% upper than target 17%. We held the committee which considers a way of the spread by a knowledgeable person for this experiment. The committee confirmed whether this experiment description was proper to make them spread to a general household.[Papers and Promotion](1)Papers:13(FY2008:4,FY2009:5,FY2010:4)(2)Patents:11(FY2008:3,FY2009:2,FY2010:4, Preparations:2)(3)Prize:1(The Best Paper Award of IPSJ National Convention in Information Processing Society of Japan 71st nationwide conference)(4)Promotion:8(FY2009)
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る