成果報告書詳細
管理番号20110000000826
タイトル平成23年度成果報告書 情報収集事業 カンボジア王国農村地域におけるバイオマス(籾殻など)のエネルギー利用などに関する基礎的調査
公開日2011/7/28
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社環境総合テクノス ヤンマーグリーンシステム株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名国際部
和文要約1.目的
 本調査の目的は、カンボジアの地域振興とエネルギー需要に資するために、カンボジア農村地域での農業廃棄物系バイオマス、特に米作での籾殻の発生量や利用の実状を把握し、籾殻を利用したトリベネフィット事業の可能性ついて技術性と事業性の観点から検討するものである。
2.調査方法
 文献調査および精米所や関係ヶ所へのヒアリング調査した。調査対象はプレイベン州、タケオ州、コンポンチャム州、プルサット州の4州の中から16カ所の精米所を詳細調査した。
3.調査結果
3.1 カンボジア地域における籾殻利用の実態調査
・精米所は全国で27千件ほどあるが、籾の処理量1t/hr未満の小さい精米所が非常に多い。精米所で発生する籾殻は平均して籾の22%であり、カンボジア産の籾殻の組成品質と熱量は日本産籾殻と特に大差はなかった。
・現状の籾殻利用はレンガ焼成や酒造の熱源が多く、1~8US$/tで売却される。大・中規模の精米所の一部では籾殻ガス化炉を導入して精米所の動力源にしている。いずれも籾殻は大量に未利用で放置されている。
3.2 籾殻発電を含む籾殻利用の事業化の検討及び概念設計
現状の精米所の籾摺り・精米には次のような問題がある。
・中小規模で国内出荷が中心の精米所は砕米率が40%以上と高い。輸出米ほど割米率が低く、高品質の輸出米価格は国内米の4倍にもなる。
・中小規模の精米所はガスエンジンによるシャフト直接駆動式であるため、設備全体の回転数が不安定になり精度の高い精米制御ができない。
・一部で導入している籾殻ガス化炉はディーゼル油の節約にはなるが、排出される灰は固定炭素が少なく土壌改良効果を発揮する炭が少ない。
次の改善措置が考えられる。
・各設備の駆動を個別のモーターで行う籾摺り・精米機に更新し、さらに砕米を除去する選別設備を追加する。これによって砕米率を低下させることが可能である。また、消費電力も30%程度節約することが可能である。
・上記の動力をまかない炭をつくるには、熱分解炉を用い500~600℃で籾殻を蒸し焼きにし、その排熱を蒸気ボイラーに導入して蒸気タービンで発電するのが望ましい。この点はまだ検討が必要である。
3.3 籾殻発電を含む籾殻利用事業実施のためのカンボジアにおける前提条件の明確化
・トリベネフィット事業の主体は民間精米所が望ましいが、くん炭は協同組合的な組織の介入が望ましい。村ごとの農業協同組合、複数の連合会、精米協会などの組織もあり、これらの関係も検討が必要である。
・精米所からの売電ではREEの果たす役割は大きいが、EDC系統が入る地域では売電は見込まれない。くん炭が普及するには地域での販売ルートの構築と、化学肥料価格より安いことが必要になる。
・事業の対象となる精米所の規模をみると、投資回収の点では籾処理能力10t/hr以上の大規模が望ましいが、余剰電力をつくる点では5t/hr以上の中規模が望ましい。また、精米所が機器を購入できるようにマイクロファイナンスや国の助成金が必要である。
・事業の促進に必要と考えられる規制や法制は次のものである。米の品質基準や精米所の事業所管理標準、くん炭を土壌改良材として認める地力増進法など。
・本事業はステークホルダーや技術、規制の面で工業、農業や環境など複数の要素が関わっているので、今後、事業を展開するには省庁、民間の連合組織など官民の関係者が参加する検討委員会と各省庁の機能を効果的に調整する上位組織が関与することが望ましい。
英文要約The Final Report in FY 2011 < Summary >
Preliminary Study on Energy Utilization of Biomass like Rice Husk
in Rural Area, Royal Cambodia
1. Objective
The objective of this study is to contribute to a regional development and energy supply/ demand in Cambodia with examining the feasibility of tribenefit project utilizing rice husk from the vewpoints of technology and business.
2. Methods
The study was carried with literature study and interview survey at 16 rice mills in the provinces of Prey Veng, Takeo, Kampong Cham and Pursat.
3. Results
3.1 Conditions of rice husk utilization
The rice mills accounted for around 27,000 mills of which the major numbers were the small mills with the paddy processing capacity less than 1 t/hr. The separated rice husk was 22% from the paddy rice. The rice husk was utilized to the heat source for producing bricks and drinking alchol, and to the fire material of gasifier generating power at the rice mill. Even these utilizations, a large amount of rice husk was still left.
3.2 Investigation and conception design of a business project
The problems of rice grading equipment at the present rice mills are as below.
The broken rice ratio exceeded 40% at the medium/small rice mills which forwarded rice in the domestic market. The export rice held a low ratio of broken rice, and its price raised four times as much as the domestic rice. Since the power at the medium/small rice mills was directly driven by the gas engine with a shaft, it could not control precisely the equipment because of instability of rotation speed. The rice-husk gasifier can cut down diesel oil, but it produces ash with a low content of fixed carbon, which reduces a soil amendment effect.
The improving measures are considered as below.
Each grading equipment driven by respective motor power should be introduced, and the broken-rice sorter shall be newly installed. The equipment is available to reduce the broken-rice ratio, and save 30% of electric power consumption. In order to supply the power and make charcoal, rice husk shall be pyrolysed in 500 - 600 degree Cercius, and the waste heat shall be led to the steam boiler and steam turbine to generate an electric power.
3.3 Prerequisite for implementing a business project
- In case of EDC off-grid, the surplus electricity is available to be sold to rural electricity enterprise. The route sales of kuntan should be found in local area, and kuntan should be cheaper than the cost of chemical fertilizer.
- In view of payout period, a large rice mill is promising with the capacity larger than 10 t/hr. In view of generating surplus electricity, a medium rice mill is promising with the capacity larger than 5 t/hr.
- Legal regulations and laws for advancing the business project are as follows; quality standard of rice, management standard of rice mill, a law of encouraging soil ability, etc.
- A working group which several government offices and private sectors participate is expected to consider the contents. Subsequently, a superior body should coordinate the working group for enhancing the role of each office.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る