成果報告書詳細
管理番号20110000000829
タイトル*平成22年度中間年報 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水資源管理技術研究開発 水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究 シンガポールにおける産業廃水の再利用向け処理技術に関する実証研究事業「膜分離技術を用いたフッ素含有廃水の再利用に関する処理技術実証研究」(H22-H23)
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社日立プラントテクノロジー
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 1)実証研究概要 国内だけで水を完全自給できないシンガポールでは、海水から生活用水を製造するNewaterプラントは重要な国策の一つである。しかし、Tampines工業地区ではフッ素を含有する工場廃水が多量に排出されるため、フッ素汚染の面からNewaterプラントに取水することができない。 本プロジェクトはフッ素を含有するTampines工場廃水(TFP廃水:Tampines Filtration Plant廃水)を対象として、日本の保有する優れた膜分離技術や水再利用技術を実証し、シンガポールを拠点として周辺諸国に技術アピールするため、1m3/h規模のフッ素処理装置をTFPサイト内に設置し、フッ素の安定した除去性能や省エネ・省スペース効果を確認する。
英文要約Outline of the project : Newater Plants are constructed in Singapore because of water shortage. We shall demonstrate fluoride removal performance of waste water in Tampines industrial park by the energy-saving technology combined with membrane separation & collected CaCL2 technology. The purpose of this study is to recycle TFP’s fluoride waste water. And we shall demonstrate the new system that can reduce consumption of energy by 30% compared with the conventional treatment system (Ca(OH)2 dosing method). We combine the core technology for fluorine waste water treatment, widely used in Japan, with the membrane technology to establish a new energy-saving wastewater recycle technology. And we demonstrate our Ca-reuse technology to treat fluorine, and to reduce amounts of used chemicals and waste sludge. We will also demonstrate the performance of our BOD treatment technology and advanced treatment technology (mainly RO equipment) as optional to directly recycle treated fluoride waste water. I constructed a pilot plant in 2010. Details of the performance for 2010 : I constructed the pilot test plant (Capacity 1m3/h) for floride waste water treatment at TFP. TFP is the institution managed by PUB. I changed it to another position from the proposed position. Because there were cables under ground at there. I completed construction at 31th March. Then I will make a trial and operate the pilot test plant at 2011.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る