成果報告書詳細
管理番号20110000001028
タイトル平成21年度成果報告書 エコイノベーション推進事業「化学触媒によるアクリルアミド次世代低炭素型製造法の可能性調査」
公開日2011/7/2
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人岡山大学
プロジェクト番号P07026
部署名研究開発推進部
和文要約アクリルアミドは環境・エネルギー分野で需要が増え、日本発の生体触媒法プロセスの採用が世界的に進んでいる。本事業では、国際競争力のさらなる強化の可能性を秘めた「化学触媒を用いるアクリルアミド低炭素型製造法」の実用化へ向け、市場環境や現行プロセスの調査によりの課題を抽出した。さらに、現行の化学触媒法の試験および検証データ、および次世代化学触媒の探索試験データを収集した。
英文要約Acrylamide is a commercially important chemical. In addition, acrylamide derivatives such as polyacrylamide and diacetoneacrylamide are useful materials. These chemicals are widely used as a flocculating agent in water purification. The production of acrylamide mainly using bio-catalytic process, developed in Japan. Okayama University has been developed new chemo-catalytic process for production of amides. There is a possibility of the new process will be a practical use in future. In this feasibility research, we: a) scanned the literature on the acrylamide production; b) estimated an economical efficiency of the production and researched market for acrylamide; c) verified a performance of known chemo-catalysts; d) searched for new candidate catalyst components for the production of acrylamide.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る