成果報告書詳細
管理番号20110000001029
タイトル平成21年度成果報告書 エコイノベーション推進事業「ハードディスク用アルミメモリーディスクの新しい製造方法の探索」
公開日2011/7/2
報告書年度2009 - 2009
委託先名古河電気工業株式会社
プロジェクト番号P07026
部署名研究開発推進部
和文要約ハードディスク用アルミメモリーディスク基板の原板となるブランク材を製造する工程には、常に研磨修正が必要とされる平坦度のよい大量なスペーサが必要であった。このスペーサの研磨には多大なコストと環境負荷の問題があったので、本探索研究はその問題の解決方法を探ることを目的とした。
本探索研究では、研磨の代わりに衝撃落下プレス法を試みた結果、以下の知見が得られた。
(1) 衝撃落下プレス法において、平均18.7umの局部傷が平均1.2umまで修正できた。
(2) 太鼓形状で平坦部分が多い状態のスペーサの平坦度修正ができなかった。
(3) スペーサの剛性を強化することで、1.3倍の生産性向上の可能性が示唆された。
以上のことから、スペーサの平坦度悪化を発生さえさせなければ、衝撃落下プレス法を用いた自動機2台で、従来の研磨工程を削減できる可能性を確認することができた。これにより研磨作業削減によるコストダウン、研磨液や研磨パッド等の消耗品削減による環境負荷低減も可能と分かった。さらに最適な製造条件をすれば、1.3倍の生産性向上の可能も示唆された。
英文要約The spacers with a highly flat plane are essential tools in the process of the blank raw material to produce aluminum memory discs used in hard disc. The spacers are commonly re-processed by polishing after usage, as causes a high cost and burdens environment through draining waste fluid. The aim of the exploratory study is to seek to develop a new method to improve the manufacturing.
We have developed the press method which employs a punch falling at a high speed instead of polishing. Using our new method, we demonstrated that:
1. The unevenness up to the average length of 18.7 um in diameter could be amended to about 1.2 um by the press method.
 2. The press method was not useful in repairing the drum-like spacers with a large flat area.
3. Through reinforcing the strength of the spacer material, the press method leaded to a 1.3 fold increase in the productivity.
These findings indicate that our press method can effectively repair the unevenness of the spacer. This method employs only two automatic machines, thus largely cutting the cost without any draining. Furthermore, under the optimized condition, the press method may achieve a 1.3 fold increase in the productivity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る