成果報告書詳細
管理番号20110000001032
タイトル平成21年度成果報告書 エコイノベーション推進事業「複合型層状ナノシート光触媒開発技術の事業化調査」
公開日2011/7/2
報告書年度2009 - 2009
委託先名株式会社テクノネットワーク四国 国立大学法人徳島大学
プロジェクト番号P07026
部署名研究開発推進部
和文要約可視光応答型光触媒の有機物の吸着特性や光分解活性を改善することを目的に、層状チタン酸ナノシートに他の金属を複合させた複合型層状ナノシート光触媒を開発した。他の金属を複合させることで、シート状もしくは薄片状の複合型層状ナノシート光触媒の合成に成功した。金属の種類や複合割合によって光吸収特性や有機物の吸着特性、また可視光照射下での有機物の分解活性は大きく変化することがわかった。これらの複合型層状ナノシート光触媒は有機化合物の吸着特性に優れており、層状チタン酸ナノシートとその他の金属と複合化させることで可視光照射下での光分解活性は向上する結果となった。
 先行技術調査の結果、本研究技術に関して企業と大学・公設試から、類似している先行技術は見あたらなかった。今後、可視光域の光触媒材料の研究開発が進むならば、室内などの建材などの製品のみならず、色素増感太陽電池などの未来の新エネルギー、環境浄化材料などの有害物質分解触媒の一つになる可能性を秘めていると言える。
英文要約We report the development of compound type layered nanosheets photocatalysts with visible light-responsive photocatalytic activity and superior adsorption property of organic compounds. By combining layered titanate nanosheets with other metals, compound type layered nanosheets photocatalysts with sheet or flaky like morphology could be successfully synthesized. The property of optical adsorption, organic compound adsorption and photocatalytic activity under visible light irradiation had changed greatly depending on the kind and the composite ratio of metals. The compound type layered titanate nanosheets with other metals had a favorable adsorptive capacity for organic compound. As a result, the photocatalytic activity of layered titanate nanosheets has improved by combining with other metals.
 As a result of the prior-art search, a similar invalidating art on this research technology was not found in company, university and public research institute. Thus, this research technology could be applied to not only the indoor construction materials but also the electrode catalysts for dye sensitized solar cells as a new energy and catalyst for environmental purification in the future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る