成果報告書詳細
管理番号20110000001041
タイトル平成21年度成果報告書 エコイノベーション推進事業「溶融金属積層によるオンデマンド三次元造形システムの事業化調査」
公開日2011/7/2
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人東京農工大学 農工大ティー・エル・オー株式会社
プロジェクト番号P07026
部署名研究開発推進部
和文要約溶融金属積層技術による3次元造形手法の応用が期待される金型分野(プレス、射出成形、ダイキャスト、スラッシュ、真空成形等)や強度を必要とする金属試作品分野、および金属部品補修分野の市場規模およびニーズを調査した。これにより、事業化に必要な体制や設備規模・投資を明らかにした。本技術シーズによりもたらされる省エネルギー効果と省材料効果について、ライフサイクルアセスメントと強度試験を行い、本技術シーズのメリット・デメリットを明確にした。
本技術が応用できる分野は将来有望な市場に成長していくことが見込まれることから、本技術の事業化の可能性は極めて高いと結論づけられた。
英文要約The market size and needs created by the direct metal rapid fabrication using molten metal are investigated. This unique technique is expected to be applied in the fields of die and molds, trial productions which needs high strength, and metallic component repairs, etc. As the result, the facility scale and the investment necessary to run the business were clarified. A life cycle assessment of this manufacturing process and the strength test of the manufactured metal objects were conducted. Then the advantage and the demerit in the fields of energy consumption and material saving achieved by this technological seeds was clarified.
Since the fields to which this technology can be applied are expected to grow into promising markets, potential for commercializing this technology is concluded to be considerably high.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る