成果報告書詳細
管理番号20110000001054
タイトル平成22年度成果報告書 クリーン・コール・テクノロジー推進事業 石炭高効率利用システムの海外展開における各技術のマッチングに関する調査
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P92003
部署名環境部
和文要約クリーンコールテクノロジーの海外展開の案件発掘に資するため、各技術の海外市場とのマッチングについて以下の調査を行った。
1.石炭高効率利用システムに関する技術課題の抽出及び技術比較
石炭高効率利用システムに関して、技術の特徴や現状を整理し、技術課題を抽出した。また、複数技術間で比較を行った。調査対象とする技術は、低品位炭改質技術( UBC)、コークス製造技術( SCOPE21)、高温 COG改質技術、石炭ガス化を基にした多用途利用、高効率発電技術、各種環境技術、石炭灰の有効利用技術、直接還元製鉄技術、及び二酸化炭素回収技術とした。各技術の特徴を整理する過程におては、プロセスフロー図を用いて、各技術の適用される工程を記述した。また、代表的なスケールのプラント等について、設備コストや、技術適用による CO2削減効果について示した。
2.先進国や新興国等におけるエネルギー需給状況や技術ニーズ等の調査先進国や新興国を含む産炭国において、エネルギー需給状況や見通しを概観し、クリーン
コールテクノロジーのニーズを調査した。調査対象とする産炭国は、中国、モンゴル、ASEAN各国(インドネシア、ベトナム、タイ)、インド、米国、オーストラリア、東欧各国(ロシア、ポーランド、チェコ、ウクライナ)の 12カ国とした。これらの国について、一次エネルギー消費量の推移と見通し、特に石炭の占めるシェアや動向について分析した。各国の石炭の埋蔵量、資源分布、生産量、消費量、炭質について調査した。石炭利用のうち大きなシェアを占めるのは発電であることら、各国の発電電力量の推移と見通し、特に石炭火力発電のシェア・効率・動向について調査分析した。また、エネルギー、石炭、環境に関する政策動向を調査し、各国政府の石炭生産や石炭利用に関する取組みやニーズを整理した。なお、一次エネルギー消費量の推移と見通しについては、上記国以外の ASEAN各国・東欧各国についても幅広く調査した。クリーンコールテクノロジーそれぞれについて、技術ニーズの観点から、調査対象国を 2から 4のグループにグルーピングした。
3.石炭高効率利用システムの海外展開のマッチングに関する調査
石炭高効率利用システムと産炭国ニーズとのマッチングについて調査することを目的として、各技術の費用対効果を検討した。検討にあたっては、各技術の適用に必要な費用(資本費)と、削減される CO2量(効果)との関係性について、グラフ等により図示した。複数の設備規模を図示し、各技術の費用対効果トレンドを把握しやすくした。高効率発電技術については、産炭国の発電効率やプラントコスト(ロケーション・ファクター)により区分された 4つのグループそれぞれについて、定量的に費用対効果を算定した。さらに、将来導入されると想定される発電設備ポテンシャルをもとに、CO2排出削減の波及効果を算定した。以上の調査結果をもとに、海外展開のマッチングに関して考察を行った。
英文要約We have conducted the following investigations of clean coal technologies, with a particular focus on how each relevant technology could be suitable for overseas markets, in order to contribute to the further understanding of how such technology could be deployed in foreign markets.
1. Exposition of technical challenges in high-efficiency coal utilization system and comparison between these technologies We have studied and summarized the technical characteristics of, and current updates for, high-efficiency coal utilization system and identified the technical issues. The particular technologies under investigation in this study are low-grade coal upgrading technology (UBC), coke production technology (SCOPE 21), hot coke oven gas upgrading technology, coal-versatile utilization based on coal gasification, high-efficiency power generation technology, environmental technologies, effective utilization technology of coal ash, direct reduced iron production technology and CO2 capture technology. We have used the process flow diagram in determining and sorting the main characteristics of each of these technologies. Capital costs and the effects of CO2 reductions which become possible through the application of these technologies for typical plants in terms of scale are included.
2. Investigation of present energy demand and supply, and technical needs in advanced and emerging countries
In advanced and emerging coal mining countries, we have provided both an overview of current energy supply and demand, as well as a prognosis for its future development, while also studying the needs of clean coal technology. Twelve coal mining countries were selected as target for this investigation; China, Mongolia, ASEAN countries (Indonesia, Vietnam and Thailand), India, USA, Australia and Eastern European countries (Russia, Poland, Czech and Ukraine). For these countries, we have analysed current and potential movements in primary energy consumption volume, in particular relating to coal shares and trends within respective markets. Major areas of focus include coal reserves, resource distribution, production, consumption, and the coal quality. In addition, policy trends concerning energy, coal and environmental matters have been studied in order to understand what kind of measures are taken, and what needs exist, in the production and utilization of coal in each relevant country.
3. Investigation into the suitability of high-efficiency coal utilization systems to be deployed overseas We have studied the cost effectiveness of each technology. For further clarification,
graphs and other tools have been employed in order to more effectively describe the relationship between the costs required for the application of each technology (Capital cost) and the expected reduction in CO2 emissions (Effect). The graphical interpretation of scales representing multiple facilities is aimed at a more thorough understanding of the trends of cost effectiveness for each technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る