成果報告書詳細
管理番号20110000001056
タイトル平成21年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 クリーン・コール・テクノロジー実証普及事業(FS)排煙脱硫装置実証普及事業FS(インド)
公開日2011/7/28
報告書年度2009 - 2009
委託先名千代田化工建設株式会社
プロジェクト番号P93054
部署名クリーンコール開発推進部
和文要約インドでは硫黄酸化物の環境基準はあるが排出基準はないため、排煙脱硫装置の普及には至っていない。しかしながら、経済成長と共に電力需要の伸びが予想されており、中でも発電用1次エネルギーの約7割を担う石炭火力発電所の増設が計画されている。よって重要な公害対策の一つである排煙脱硫装置の潜在的ニーズを考え、本調査を行った。現在、排出規制の制定が具体化していない背景には、インド炭は一般に低硫黄(0.3~0.8%)と考えられていることが挙げられる。他方、2010年4月から都市部において自動車用燃料の硫黄分の規制としてユーロ4が導入される。また大規模火力発電所には行政指導が行われ、将来の排煙脱硫装置を設置するための敷地が準備されている。さらに、高硫黄燃料の燃焼などにより環境基準を満たせないと考えられる火力発電所に対しては、排煙脱硫装置を設置する行政指導が行われている。よって、遠くない将来に排煙脱硫装置の需要が顕在化する可能性がある。将来の排出規制法の制定にあたっては、環境森林省傘下の中央公害規制委員会が主要な役割を果たすと考えられる。現在、ウルトラ・メガ・パワー・プロジェクトや、メガ・パワー・プロジェクトなどの大規模な発電所の計画に対しては、税制面などでの優遇があり、これらの措置が将来の排煙脱硫装置に対しても適用されることを期待する。2MW規模の実証装置を既設火力発電所に設置するモデルプロジェクトを机上検討した。実現には、実施サイト機関を更に探索する必要がある。将来の商業機の普及にあたっては、個別のプロジェクト毎に都度検討が必要ではあるが、既に電気集じん機が普及していることから、インド炭の高灰分に起因する問題は許容範囲内と思われ、また将来の排煙脱炭の前処理としての高度脱硫も他国の石炭と同等の性能を発揮できると思われる。インドではボイラを国産する能力があり、排煙脱硫装置に特有の技術移転を受ける素地は十分にある。適切な現地企業との協業によりコストダウンとスムーズなプロジェクト遂行を目指すことは可能と思われる。
英文要約In India, Flue Gas Desulphurization (FGD) does not prevail yet because the emission legislation of sulphur oxides does not exist, though air quality standard exists. However, it is forecasted that the demand of the electric power will increase with the economic growth. Especially the coal fired power stations which now take about 70% of primary energy for power generation are planned to be increased. With such background, we carried out this study while considering that the potential needs of FGD may exist. At the moment, the emission legislation is not substantiated because Indian coals are in general considered low sulphur (0.3-0.8%) ones. On the other hand, the sulphur in automobile fuel is going to be legislated by Euro4 in the city areas from April 2010. Under governmental guidance, large thermal power stations are required to prepare the provisional area for future FGD. Further, those power stations considered not to meet the air quality due to high sulphur fuel etc are required to install FGD by governmental guidance. Therefore it seems possible that the FGD demands will become obvious not in the far future. In order to establish the emission legislation in the future, Central Pollution Control Board under Ministry of Environment and Forest is thought to play the important roles. Because the current large thermal power station projects such as Ultra Mega Power Projects or Mega Power Projects are given some favorable treatments for taxation and so on, we anticipate that the same will be applied to the future FGD for such projects. We carried out a study on the desk about a model project to install a 2MW size demonstration FGD at an existing power station. In order to realize it, further exploration of the site is required. For future commercial FGD, the potential effect of the ash to FGD is thought to be within the acceptable range because electrostatic precipitator already prevails well, although the consideration for each specific project will be required in the future. As for the deep scrubbing of SOx by FGD which may be needed for the future post combustion CO2 capture, we anticipate the same extent of performance as in the other countries’ coal. Because India has the ability to build the coal fired boiler by itself, they are considered to be ready to accept the technology transfer of FGD. It seems possible to realize the cost down and smooth project execution under the collaboration with proper local partners.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る