成果報告書詳細
管理番号20110000001095
タイトル平成22年度成果報告書 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水資源管理技術研究開発 水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究「水道システムにおける高度水利用と持続的運営管理事業」
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名大阪市水道局 パナソニック環境エンジニアリング株式会社 東洋エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約1.調査研究の概要
 平成21年度のフェーズ1調査において抽出したベトナム国ホーチミン市の水道が抱える課題(水供給量の不足、高い無収水率、低水圧等)に対する改善策として提案した「配水池の設置を含む配水コントロールシステム」の構築及び運営に向けて、実証研究施設の詳細設計、ビジネスモデルの具体的検討、ホーチミン市水道総公社(SAWACO)等の関係機関との協力体制の構築等の取組を実施した。
2.調査結果
 ホーチミン市へ3度にわたり調査団を派遣し、SAWACOとの協議をもとに、実証研究の実施対象地区として、ホーチミン市8区にあるRACH CAT地区を選定するとともに、実証研究施設の設計諸元の決定及び詳細設計を行った。
> 配水池容量は、当該地区の将来需要も見込み900m3(6時間分)と想定
> 配水水圧は、昼間0.2MPa、夜間0.15MPaに設定(現状:平均0.05MPa程度)
> 追加塩素の注入、水質モニタリング(Cl-、pH、濁度、水温)を実施
> 配水池施設の運用・制御において遠隔監視システム(水圧、流量、水質)を導入し、日本側、ベトナム側双方でモニタリングできるよう設備を設置
> 水質・水圧テレメータ及び配水コントロールのデータバックアップの電力源の一部に太陽光エネルギーを活用
 ビジネスモデルの検討にあたっては、水道事業運営ノウハウを持つ自治体とそれらの要素技術を持つ民間企業との官民連携による実施体制により、段階的な事業展開を想定した。
 事業化へのステップとしては、以下のとおりである。
> 本実証研究では、要素技術の適用について検証し、相手国側と効果を共有しながら維持管理等の事業オペレーション関連情報収集を行う
> 実証研究で検証された改善効果を、ホーチミン市全体の事業化を見据えた最適化問題として検討を行う
> ホーチミン市全体を想定した事業化FSの検討を行い、相手国・相手国企業を交えた関係構築を合わせて行う
> 策定された事業計画に基づき、段階的に事業の立上げを行う
 本実証研究は、配水コントロールシステムの当該地域への適用性、効果測定が目的であり、事業化の対象となる施設規模ではないが、事業化を想定した規模(配水池容量3万m3)の試算では、改善効果により得られる収益(省エネ、漏水改善)と、事業運営コストを踏まえると、単年度収支としては十分利益が出る計算結果(税引き後1.5億円程度)となる。この数値は、事業の初期投資(約11億円)に対しIRRで十数%に相当し、運営事業としても十分成り立つ可能性があると考えている。
3.今後の事業展開に向けて
 プロジェクト(フェーズ1~2)を通じて、SAWACOにおいては、「配水池の設置を伴う配水コントロールシステム」の効果についての理解が深まってきており、今後、フェーズ3におけるパイロット規模での実証運転を行うことにより、その考え方を定着させていくことが重要である。
 このシステムの導入により、省エネ、省水(漏水量の減少)効果が見込まれるほか、配水池が持つ貯留機能を活用することで、水需要の時間変化に見合った安定配水と浄水場の安定運転が可能となるだけでなく、浄水場のより効率的な運用により、ホーチミン市にとって将来の浄水場施設拡張コストを抑制する効果も期待できるものと考えている。
英文要約 This survey was carried out as the phase 2 of NEDO Project on "Water-saving Recycling systems” conducted.
1. Outline of the survey
A pilot project of "Introduction of water distribution control system with installation of a water reservoir" was proposed through the phase 1 survey, conducted in FY2010, pointing out the problems which Ho Chi Minh City (HCMC) is faced with (Insufficient water supply capacity, High NRW rate, Low water pressure, etc.). In this phase 2 survey, the following issues are conducted in order to substantiate the pilot project.
- Detailed design of a pilot plant
- Review for business schemes
- Corroboration with Saigon Water Corporation (SAWACO) and related agencies
2. Results
Survey mission was dispatched to SAWACO three times. Through discussions with SAWACO, RACH CAT in district 8 of HCMC was selected for the place of the pilot project, and following specifications of the pilot facility were determined.
- Reservoir capacity: 900m3 (6 hours of maximum daily demand, considering future water demand)
- Water supply pressure: 0.20MPa (daytime), 0.15MPa (nighttime) *Present water supply pressure: 0.05MPa (average)
  - Additional chlorine injection, water quality monitoring (Cl-, pH, NTU, ℃)
- Water supply control and monitoring (SCADA) system for the pilot facility (monitoring from the both of Japan and SAWACO)
- Photovoltaic power generation for telemetry system and data back up for water supply control system
Business project will be developed through following stages under the corroboration of public waterworks and private companies;
(1) Testing possible application of proposed technologies, sharing the results with SAWACO, collecting information for operation and maintenance through the NEDO project
(2) Reviewing optimization plan for water supply system of whole HCMC with the results obtained through the NEDO project
(3) Business feasibility study for "Introduction of water distribution control system with installation of a water reservoir for whole HCMC", relationship-building with the stakeholders
(4) Step by step project launching based on the business plan
The pilot project is not a size of actual business and has a purpose to evaluate applicability and efficiency of the water distribution control system in HCMC.
In the case of supposed real scale project with Reservoir capacity of 30,000m3 taking into account both of the effect by energy saving and water leakage reduction, and running cost of the project, the profit will be approximately JPY 150 million (post tax) in the balance sheet of a fiscal year. The Internal Return Ratio of the project will be above 10% to the initial investment, approximately JPY 1.1 billion, and the business project has enough possibility to be feasible.
3. Toward the business deployment
Through this survey, an idea of the efficiency of the water distribution control system is prevailing in SAWACO. It should be important to radicate the idea with the next phase 3.
Introducing the water distribution control system, in addition to saving energy, and reducing the water leakage, not only stable water supply following to the variation of hourly water demand, utilizing the storage capacity of water reservoir but also stable operation of water treatment plant can be realized. It can be expected for HCMC that effects lead to cut the expansion cost of water supply facilities in the future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る