成果報告書詳細
管理番号20110000001141
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(次世代技術開発) 熱化学プロセスによるバイオ燃料製造技術開発の現状と今後の展望に関する研究
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P10010
部署名新エネルギー部
和文要約食糧と競合しないバイオ燃料製造技術の開発が世界各地で進む中、平成20~21年度に「バイオマスを原料とする合成燃料の生産技術及び利用に関する最新動向調査」が実施された。この調査では、BTLにかかわる要素技術や、国内外のプロジェクト動向について整理を行ったが、世界の景気動向や原油価格が大きく変動する中で、こうした状況は刻一刻と変化している。また、我が国においても、2010年6月に新たなエネルギー基本計画が閣議決定され、次世代バイオ燃料の導入促進が掲げられるなど、関連する動きが活発になりつつある。
こうした背景を踏まえ、わが国の技術を中軸としたBTLプロジェクトをより具体的に検討するべく、本調査を実施した。具体的には、まずBTLにかかわる世界のプロジェクト動向をブラッシュアップし、事業モデルの例を収集すると共に、それぞれの推進要因や阻害要因について整理した。また、BTLにかかわる要素技術及び、一貫プロセスとした場合の課題について調査を実施した。
 それらを踏まえ、わが国の技術を中軸としたBTLプロジェクトの事業モデルをについて、海外からの原料調達や国内の既存設備との組み合わせなど、様々な可能性について検討を行った、そして、その中でも現状において実現可能性が高いと考えられるモデルについて、事業規模や必要となる技術開発のタイミングなどについて整理を行った。
なお、本検討業務においては、有識者を集めてのワークショップを二回開催したほか、先行する海外企業に対するインタビュー、専門家へのヒアリングを複数実施し、できるだけ多くの意見を取り入れるように留意した。
英文要約As manufacturing technology is being developed for biofuel obtained from sources which would not compete with the production of food on a global scale, research was initiated and conducted during the 20th-21st year of the Heisei Era (2008-2009) on the “Latest developments of production technology and usage of synthetic fuels made from biomass.” In this research, updates on the technological elements of BTL and domestic/overseas projects are summarized in order. However, with significant shifts in global economy trends and crude oil price fluctuation, these situations are changing constantly. Furthermore, in June of 2010 the Japanese Cabinet approved the “Basic Energy Plan” and called for the promotion of introducing next generation biofuels to the country, thereby intensifying its efforts towards such a transition.
In response to the above situation, we have conducted this research in order to investigate more specifically the possibility of a BTL project centered upon our own existing technology. First and foremost, we have studied and prioritized BTL project updates and movements on a global basis, examining the major driving forces and impediments for each business model after collecting the relevant background data for each of the chosen business model examples. In addition, we have also reviewed BTL elemental technology and the potential issues associated with coherently functioning processes.
Referencing the above results, we have further examined various possibilities arising from BTL project business models based on the use of our own technology, including the feasibility of procuring overseas feedstock and combining existing facilities in Japan. After thorough examination, we further sorted those models found to be highly feasible under current circumstances according to the scale of business operations and the timing of technical development required.
As an additional complement to our investigations, we have invited intellectuals and experts and conducted two workshops as well as multiple hearings with industry experts and interviews with leading overseas enterprises to ensure the inclusion of valuable information from as many valid sources as possible.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る