成果報告書詳細
管理番号20110000001224
タイトル平成21年度成果報告書 平成20年度第2回採択産業技術研究助成事業 08E52507a レーザフラッシュ法による固体材料のインヒレントな熱拡散率測定方法の確立および国際的ガイドラインの提案 平成21年度中間
公開日2011/7/28
報告書年度2009 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所阿子島めぐみ
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約本研究では、インヒレントな熱拡散率の測定手順のガイドライン化とそれに関する測定技術の高度化、不確かさ評価、標準物質の開発に向けた取り組みとして、下記の5つのサブテーマを設定して研究を進めている。各サブテーマと平成21年度の成果は、下記の通りである。
(1)LF法によるインヒレントな熱拡散率測定手順の検討と国際的なガイドラインの作成
インヒレントな熱拡散率の測定手順を用いた実証実験を2機関で実施し、有効性を確認した。ガイドライン(案)を作成した。その内容の一部が含まれているJIS R1611が発行された。CCT-WG9において、ガイドライン提案の体制整備(サービスカテゴリーリストの作成・国際比較公認化)を進めた。
(2)LF法による熱拡散率の絶対測定技術の確立
産総研・LNEにおいて、LF法の絶対測定のための装置の最適化を行った。産総研では不確かさ要素の低減を狙った装置開発を進めた。
(3)LF法の標準物質の開発および実用測定機における熱拡散率測定の信頼性評価
複数の材料をテスト測定した結果から、標準物質候補材料を選定した。標準物質の利用方法を検討し、一部をJIS R1611に導入した。
(4)熱拡散率・比熱容量・密度の積として求める熱伝導率の検討
比熱容量測定技術の高度化を推進し、装置の開発を進めた。(3)の候補材料の熱膨張率測定を実施した。熱伝導率算出時の不確かさ評価の考え方を検討した。
(5)実用材料の評価方法の検討(コーティングなど)
産総研・LNEがそれぞれ独自に、コーティングを基材から剥がさずに測定する方法を考案し、試行した。その測定結果について議論を行った。産総研の成果は、JIS H8453の発行において反映された。
英文要約We do research on measurement techniques, uncertainty evaluation and reference material on thermophysical properties measurement in order to establish procedure for inherent thermal diffusivity measurements using laser flash method. The sub research subjects and these progress of our study in this year are as follows;
1) Make a guideline to obtain the inherent thermal diffusivity using the laser flash method
We measured some materials using the procedure to obtain inherent thermal diffusivity in order to verify the effect of the procedure in AIST and LNE. We confirmed the agreement of measured data. We have prepared the service category list for proposal of the guideline in CCT.
2) Establishment of the laser flash measurement as the absolute measurement
We optimized our measurement systems for absolute thermal diffusivity measurement. We have established SI traceable thermal diffusivity measurements.
We started construct a new laser flash measurement system for practical use in AIST.
3) Investigation of the candidate reference materials
We have investigated thermal properties of some candidate reference materials to establish the reference material and select two materials. We considered about use of reference material for calibration of laser flash instruments.
4) Development of the heat capacity suing the laser flash method to obtain thermal conductivity
We have been developing a measurement system using the adiabatic calorimetry for reliable specific heat capacity measurement in AIST.
5) Investigation of the application (thermal diffusivity measurement of the coating attached on the substrate)
We started to study on this subject in each laboratory.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る