成果報告書詳細
管理番号20110000001228
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 ナノ材料規格等に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 JFEテクノリサーチ株式会社
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約ナノスケールオーダーで構造や特性を制御したナノ材料や物質・材料の機能を飛躍的に向上させるナノ製造技術の研究開発は、次世代産業の中核を担う基盤材料・技術として期待されている。我が国は、ナノ材料・ナノ製造技術の開発と並行して、ナノ材料安全管理を次世代の国家戦略と位置づけ、これらを横断的に結びつける共通概念である国際標準化に積極的に取り組んできた。
 独立行政法人産業技術総合研究所(以下「産総研」という)において、ナノ材料の特性評価・リスク評価試験ニーズに対応し、信頼性ある試験結果を保証し、ユーザー及び規制側が国際的にも相互に信頼性のおける利用形態を共有するため、試験法開発・試験能力保証のためのナノ粒子標準物質の製作を計画し、粒径、比表面積、化学組成等の物理的・化学的特性評価のため測定法の検討と値付けを行った。さらに当該標準物質のコンセプトおよび製作法を国際標準案としてISO/TC229に提案し、作業原案の作成を進めた。またラマン分光法による単層カーボンナノチューブの純度評価の規格化について検討した。
 JFEテクノリサーチ株式会社において、標準化を進めるべきナノ材料及びナノ材料標準物質について調査、特定を行った。2010年に3種類のナノ標準物質〔SWCNT、ナノ酸化チタン、金ナノ粒子〕が海外研究機関で開発され研究者、企業に提供され始めている。これらのナノ標準物質の出現は、その安全性を評価しリスク管理方策を考える基礎試料として貢献するとともに、大量生産する際の品質保証のための物差しが求められていることを意味する。日本のナノテクビジネスを支えるナノ材料、ナノ標準物質の創成に向け、更なる取組みが必要である。
 NEDO研究プロジェクトの成果など、我が国が蓄積してきたナノテクノロジーに関する技術的知見をISO/TC229(国際標準化機構/ナノテクノロジー)に提案してきた。日本からの国際標準化提案は計9件に達し、2010年にはそのうちの4件が発行された。また、日本からのナノ粒子の標準物質に関する新規提案1件が承認されて、2010年3月から作業が開始された。さらにナノ材料規格に関する新規提案1件が現在投票にかけられている。各国から提案された規格案に対しても意見を提出し、日本の意見を反映させた国際標準化を推進してきた。日本工業標準調査会(JISC)のもと、産総研が国内審議団体を引き受け、本委員会とその下に設置された、「用語・命名法」、「計量・計測」、「環境・安全」、「材料規格」の四分科会の開催により、国際標準化に向けた審議を実施してきた。第10回ISO/TC229総会及び第11回ISO/TC229総会に出席し、審議結果に基づき日本の立場を提案してきた。
 国内外のナノテクノロジー関係者との情報交流を目的に、nano tech 2011において、「ナノテク用語の国際標準化とナノラベリング」をテーマにナノテクノロジー国際標準化ワークショップを開催した。
英文要約Research and development of nanomaterials with controlled nanostructure markedly improves the function of materials and is thereby expected to be a technology in the next generation. Our country regards development of manufacturing process and safety management of nanomaterials as a national strategy and has positively worked on international standardization of nanotechnology.
 The preparation of reference materials of nanoparticles was planned in National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) to develop testing methods and to improve the reliability of testing methods. The measurement methods for particle size, specific surface area, and chemical composition were examined and the measured values were obtained. The concept and the preparation method of reference materials were proposed to ISO/TC229 (nanotechnology) as a new work item proposal and the working draft is now under preparation. The possibility of standardization was also examined about the purity evaluation of single-wall carbon nanotubes by Raman spectroscopy.
 Nanomaterials and nanoscale reference materials that have to be standardized were investigated by JFE Techno-Research Corporation. It is no doubt that quantity of production of nanomaterials is increasing, rapidly and that the uniformity of the products is needed. Then we are trying to develop the reference materials to be used as a standard to evaluate the nanomaterials to contribute to the growth of nanotechnology business in Japan.
 Technical findings concerning nanotechnology, like the results of the NEDO projects, have been proposed to an international standard mechanism, ISO/TC229. Nine work items of nanotechnology have been already proposed from Japan, and four of them were published in 2010. One new work item proposal about reference materials was approved in March 2010, and another new proposal about nanomaterial specification is put on the vote now.
 Japanese Industrial Standards Committee (JISC), that is Japanese national body in ISO, assigned AIST to the Chairman/Secretary of the Japanese National Committee for ISO/TC229. The discussion for international standardization has been executed in the national mirror committee for ISO/TC229. Japan attended the 10th and 11th meetings of ISO/TC229, to propose the standpoint of Japan based on our discussion, and to reflect opinions of Japan in the international standardization.
 To exchange information about nanotechnology, the workshop on international standardization for nanotechnology was held with the theme of "International standardization for terminology of nanotechnology and nanolabelling", at the nano tech 2011 exhibition and conference.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る