成果報告書詳細
管理番号20110000001235
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 チェーンの小形シャルピー衝撃試験法に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社キトー
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約NEDO戦略的国際標準化推進事業/標準化研究開発事業「チェーンの小形シャルピー衝撃試験法に関する標準化」において、産業用チェーンの性能を正確に評価できる試験方法を開発して国際標準化するために、昨年度の第1ステップ及び第2ステップに引き続いて、標準シャルピー衝撃試験法では試験ができない小形チェーンから切り出した試験片に対する衝撃試験方法を確立するための研究を実施した。第3ステップでは、最適な試験条件を見出すために、太径チェーンから切り出した試験片を使った小形衝撃試験を実施し、試験結果の比較を行った。第3ステップ補完では、細径チェーンの衝撃試験方法を確立するために、極小試験片を使った小形衝撃試験を実施した。試験片長さを確保するためにチェーン同士の摩擦圧接加工法を採用したが、この工法における熱影響による品質変化を確認した。第4ステップでは、衝撃試験方法の再現性や妥当性について検証するため、複数メーカーの小形チェーンに対して小形衝撃試験を実施した。これらの結果を基に、2010年3月のISO/TC111/SC1インド国際会議においてドイツから提案された小形衝撃試験法での判定基準案について、日本としてその妥当性を検討した。来年度は、これまでの研究から導出した試験方法による規定値を決定するための基礎データを収集する。2011年10月に開催予定のISO/TC111/SC1中国国際会議において、本事業の研究成果について報告を行い、各国の同意が得られれば2013年度以降に、ISO 16872及びISO 16877の規格改正提案を行う。
英文要約In our research project entitled ‘Standardization of compact Charpy impact test method for chain’ supported by NEDO Project to Promote Strategic International Standardization, to develop and standardize internationally a test method to evaluate industrial chain performance accurately, we performed a research to establish an impact test method for specimen extracted from small chain link which cannot be tested with standard Charpy impact test method, following the first and second steps performed last year. In the third step, to find an optimal test condition we performed compact impact test with specimen extracted from large size chains and evaluated the test results. In the third step supplement, we performed a compact impact test with extreme small size specimen to establish an impact test method for small size chain. To maintain the length of specimen, we adopted a friction welding method of chain and checked the quality change caused by the heat influence in the process. In the fourth step, to verify the reproducibility and validity of the impact test method, we performed compact impact test with small size chains produced by several makers. Based on the test results, we examined the criteria of the compact impact test method proposed by Germany at the ISO/TC111/SC1 Kolkata meeting on March of 2010. In the next fiscal year, we will collect basic data to decide specified value for the test method developed from the research. In addition, at the ISO/TC111/SC1 Beijing meeting on October of 2011, we will report the research result of this project, and in or after 2013 also make a proposal of this test method to be included in the revision of ISO 16872 and 16877 if we obtain the consent of each country.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る