成果報告書詳細
管理番号20110000001249
タイトル平成22年度成果報告書 戦略国的国際標準化推進事業 標準化研究開発 アクセシブルデザインの体系的技術に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名財団法人共用品推進機構 独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約この事業では,ISO/IEC ガイド71の理念に基づくアクセシブルデザイン(AD;高齢者・障害者を含む,より多くの人々に使いやすいデザイン)製品等の開発と普及の促進を目的として,以下の研究開発及び国際標準化を行った。【1】国際標準化に向けたJIS素案の検討:[1] 消費生活製品の報知光。現行製品のLEDの実態調査及び見やすさの評価の実施。[2] 製品展示の高さ等,AD考慮事項。リウマチ患者の上肢到達域の計測及び展示台に係る考慮事項の文献調査の実施。今後,国際標準化に向けた原案作成作業を継続して実施する。【2】ISO/TC173“福祉用具”に提案する国際規格素案の検討:[1] 点字の表示原則及び点字表示方法~公共施設・設備(JIS T 0921に対応)。[2] 点字の表示原則及び点字表示方法~消費生活製品の操作部(JIS T 0923に対応)。[3] アクセシブルミーティング(JIS S 0042に対応)。点字の一般通則及びアクセシブルミーティングを,新業務項目提案としてTC173に提出した。【3-1】ISO/TC159“人間工学”への提案素案作成に必要な海外比較データの収集:[1] 基本色領域に基づく色の組合せ方法(JIS S 0033に対応)。[2] 最小可読文字サイズ推定方法(JIS S 0032に対応)。以上,中国にて実施。[3] 音声アナウンスの音量設定方法(ISO/AWI 24504として審議中)。[4] 触覚図形の基本設計方法(JIS S 0052に対応)。以上,タイ国にて実施。現地の高齢者・若齢者のべ160名以上の有効データを得た。【3-2】TC159への提案素案作成に必要な日本人データの収集:[1] 色覚障害者の基本色領域に基づく色の組合せ方法(JIS S 0033に対応)。[2] 触覚図形の基本設計方法(JIS S 0052に対応)。高齢者・若齢者のべ90名以上の有効データを得た。今後,その成果を反映した新業務項目の提案及び国際規格原案の審議を継続して実施する。【3-3】TC159における予備的審議:触覚図形の基本設計方法(JIS S 0052に対応)。【4】国際規格に対応したJIS改正の検討:[1] JIS S 0014「消費生活製品の報知音~妨害音及び聴覚の加齢変化を考慮した音圧レベル」。[2] JIS S 0031「視覚表示物~年代別相対輝度の求め方及び光の評価方法」。[3] JIS S 0011「消費生活製品の凸記号表示」。いずれも対応国際規格との技術的な相違が生じたため,改正を提案した。【5】TC173及びTC159の国際専門家会議並びに国内委員会の運営:それぞれ議長等として運営及び議論を行った。【6】国際標準化デイにおける標準化活動:ワークショップにおいてAD規格の開発及び普及に向けた議論を実施。以上のとおり,本事業のいずれの作業項目についても所期の目標を達成することができた。
英文要約The objectives of this project were to develop international standardization on Accessible Design of products based on the ISO/IEC Guide 71 principles, and to conduct surveys and researches necessary for that. <<1>> Development of JIS drafts for international standardization: [1] Measurement of visual LED signals of consumer products. [2] Design considerations of products displays: measurement of reach envelopes of rheumatism patients. <<2>> Deliberations of new work items (WIs) to be proposed to ISO/TC173: [1] Methods of displaying Braille sign - Public facility (JIS T 0921), [2] Methods of displaying Braille sign - Consumer products (JIS T 0923), [3] Considerations and apparatuses for accessible meetings (JIS S 0042) Two WIs, general requirements of Braille sign and accessible meetings, were sent out. <<3-1>> Collecting international comparison data in China and Thailand for WIs to be proposed to ISO/TC159: [1] A method for colour combinations based on categories of fundamental colours (JIS S 0033), [2] Estimation of minimum legible size for a single character (JIS S 0032) [3] Sound pressure levels of spoken announcements for products and public address systems (ISO/AWI 24504), [4] Basic design methods for tactile patterns (JIS S 0052). <<3-2>> Collecting Japanese human data for WIs to be submitted to TC159: [1] A method for colour combinations based on categories of fundamental colours as a function of colour vision (JIS S 0033), [2] Basic design methods for tactile patterns (JIS S 0052). Useful data were obtained from 160 young and older persons. <<3-3>> Preliminary discussion on basic design methods for tactile patterns (JIS S 0052) in TC159. <<4>> Amendment of JISs corresponding to newly established ISO standards: [1] JIS S 0014, Auditory signals on consumer products - Sound pressure levels of signals for the elderly and in noisy conditions, [2] JIS S 0031, Visual signs and displays - Specification of age-related relative luminance and its use in assessment of light, [3] JIS S 0011, Marking tactile dots on consumer products. <<5>> Management of international expert meetings and mirror committees of TC173 and TC159. <<6>> Discussion on accessible design at the workshop held by World Standards Cooperation. To summarize above, most of the works in this project have been completed successfully as planned.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る