成果報告書詳細
管理番号20110000001251
タイトル平成22年度成果報告書 戦略国的国際標準化推進事業 標準化研究開発 工作機械の機械安全に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名社団法人日本工作機械工業会 独立行政法人労働安全衛生総合研究所
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約NEDO「戦略的国際標準化推進事業/標準化研究開発/工作機械の機械安全に関する標準化」において、現在ISO/TC39/SC10(工作機械の安全)にて審議されている、工作機械の機種別安全規格を国際標準化するための研究を実施した。平成22年度においては、工作機械の機種別リスクアセスメント事例の作成を活動の基本とし、機械の持つ危険源とその安全方策との関係の妥当性を検証した。その成果として旋盤に関するリスクアセスメント手法、及び小形旋盤のパフォーマンスレベル計算手法に関する規格案を提案したところ、これらを昨年発行されたISO 23125(工作機械の機械安全~旋盤)のPart3及びPart4として、それぞれTR規格とすることが認められた。同様に、放電加工機に関するリスクアセスメント手法についても、TR化提案を進めている。
これら安全規格の標準化のためには、規格に対する国内工作機械メーカ及びユーザの理解を得ることが肝要であるため、これら機械安全規格関連情報の周知・啓発を目的に、規格説明会を開催し、規格内容及びその進捗について紹介した。
また、2011年に審議開始が予定されている、研削盤安全規格の検討のため、国内の強制基準である研削盤構造規格と、ISO規格案のベースであるEN13218の規定の比較検討を進めるとともに、ISO規格化の上で議論の中心になると予想されている、「適切な砥石覆いの厚さ」を検証するための破壊シミュレーション調査と、「ハブフランジの強度」を検証するための剛性試験を行い、規格提案のための下準備を進めた。
英文要約In our research project entitled ‘Standardization of compact Charpy impact test method for chain’ supported by NEDO Project to Promote Strategic International Standardization, to develop and standardize internationally a test method to evaluate industrial chain performance accurately, we performed a research to establish an impact test method for specimen extracted from small chain link which cannot be tested with standard Charpy impact test method, following the first and second steps performed last year. In the third step, to find an optimal test condition we performed compact impact test with specimen extracted from large size chains and evaluated the test results. In the third step supplement, we performed a compact impact test with extreme small size specimen to establish an impact test method for small size chain. To maintain the length of specimen, we adopted a friction welding method of chain and checked the quality change caused by the heat influence in the process. In the fourth step, to verify the reproducibility and validity of the impact test method, we performed compact impact test with small size chains produced by several makers. Based on the test results, we examined the criteria of the compact impact test method proposed by Germany at the ISO/TC111/SC1 Kolkata meeting on March of 2010. In the next fiscal year, we will collect basic data to decide specified value for the test method developed from the research. In addition, at the ISO/TC111/SC1 Beijing meeting on October of 2011, we will report the research result of this project, and in or after 2013 also make a proposal of this test method to be included in the revision of ISO 16872 and 16877 if we obtain the consent of each country.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る