成果報告書詳細
管理番号20110000001253
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第2回採択産業技術研究助成事業 09E51508a 新規がん遠隔転移モデルゼブラフィッシュを用いたハイスループットin vivo治療標的分子探索システムの開発研究 平成21年度中間
公開日2011/7/28
報告書年度2009 - 2009
委託先名三重大学島田康人
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約 次世代シーケンサーによる網羅的遺伝子発現解析により、がん遠隔転移モデルゼブラフィッシュが、ヒトのがん遠隔転移とどれくらい類似しているかを遺伝子発現レベルで解析した。次世代シーケンサーデータをバイオインフォマティクス解析した結果、Hypoxia-inducible factor 1 alphaおよびTransforming growth factor-betaを中心としたシグナル伝達系の活性化が認められ、これまでのヒトのがん病変における報告と一致した結果が得られた。さらに新たな治療標的遺伝子候補を抽出し、ゼブラフィッシュおよびヒト由来血管内皮細胞を用いた確証実験を行い、「腫瘍血管新生抑制遺伝子」として特許出願した1)。また、がん遠隔転移モデルゼブラフィッシュの組織学的解析を行い、ゼブラフィッシュ体内におけるヒト由来がん細胞移植部位の構造的変化・新生血管の腫瘍内への侵入を明らかにした。
 以上の成果より、今年度は「in vivo治療標的分子探索システム」としての確立を達成し、さらに今後の新たなシーズ(治療標的分子)の発見に成功した。
英文要約 Using the next-generation sequencer (NGS), we conducted the whole transcriptome analysis of the cancers metastases model of zebrafish to analyze the similarity of this zebrafish model to the human counterpart. The bioinformatics analysis of NGS data showed that Hypoxia-inducible factor 1 alpha and Transforming growth factor beta signalings were activated by xenotransplanted human cancer cells. This indicates the zebrafish model is highly consistent with human cancers. Subsequently, we have selected three candidate genes for new drug target, and conducted the validation studies in this zebrafish model and human-derived vascular endothelial cells. Two genes were carried out patent applications as "tumor angiogenesis suppressor genes1)". In addition, we have conducted histological analysis of the cancer metastasis model zebrafish. We visualized the neovascular vessels formation and invasion into the human-cancer cell region of xenotransplantation in zebrafish as the structural change.
These results suggest that we have developed “a high-throughput system for finding new molecular targets using cancer metastasis model of zebrafish”, and succeeded in the discovery of new drug targets.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る