成果報告書詳細
管理番号20110000001262
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 再生混合ポリオレフィンに関する標準化
公開日2011/7/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名日本プラスチック工業連盟 株式会社住化分析センター
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約日本では、年間約1000万トンのプラスチック廃棄物(一般廃棄物と産業廃棄物の合計)が排出されており、2009年実績ではその79%が有効再利用されている。マテリアルリサイクルによる再生利用は、200万トンに達していて、その内の69万トンはPE・PP混合品である。一方、容器包装リサイクル法で優先的な再商品化手法に位置付けられているマテリアルリサイクルにおいては、より高度なマテリアルリサイクルを推進するために、国内外で活用でき、再生プラスチックの品質レベルを確保するための標準化が急がれている。日本プラスチック工業連盟では、再生混合ポリオレフィン標準化委員会を設置し、さらには既設の規格部会傘下の関連各委員会、分科会を活用して標準化を推進した。平成22年度の具体的な成果は以下のとおりで、本年度の目標を達成することができた。(1)9月にタイ・バンコクで開催されたISO/TC61国際会議に出席し、再生混合ポリオレフィンに関する規格の予備提案を実施した。その結果多くの賛同を得て新業務項目として継続審議することが議決された。(2)再生混合ポリオレフィン標準化委員会を開催し、ポリエチレン・ポリプロピレン混合ポリオレフィン中の組成分析法の検討と分類の考え方の検討を行なった。組成分析方法については、廃容器包装リサイクル法プラから単一材質である可能性が高いサンプルを使用し、混合割合の判定法の確認実験をしたが、容器包装リサイクル法再商品化製品と同様に赤外分光法により半定量的判定が可能であることがわかった。(3)再生ポリオレフィン成形材料に関する規格については、組成を特性項目に加え、最小限必要と考えられる物理的特性項目を表記する「呼び方のシステム及び仕様表記の基礎」、及び「試験片の作り方及び諸性質の求め方」の規格案(日本語版)を作成した。今後の計画としては、再生ポリオレフィン材料の品質分類と試験方法規格について、作業原案(Working Draft)を作成し、2011年度のISO/TC61の年次会議(マレーシア)にて新業務項目提案をし、最終的には、国際標準規格にまで仕上げていく予定である。
英文要約In Japan, approximately 10 million tons of plastic waste (municipal solid waste and industrial waste) is generated each year, and the effective utilization rate of plastic waste was 79% in 2009. Two million tons were used as raw materials (material recycling) with 690,000 tons of this used for PE / PP mixture products.Material recycling is positioned as preferential method, for recycling under the Containers and Packaging Recycling Law, and in order to promote more advanced material recycling, it is necessary to ensure and standardize the quality of recycled plastics at the national and international levels.The Japan Plastics Industry Federation has promoted standardization by establishing a committee on standardization of mixture polyolefin recyclate, and it has also utilized several related committees and subcommittees under the existing Standards Group effectively. The results achieved in FY 2010 are as outlined below and we were able to meet our goal for the year.(1)We attended an international conference on ISO / TC61 held in Bangkok in Thailand in September 2010 and announced a preliminary proposal for a mixture polyolefin recyclate standard. After receiving considerable approval, we decided to undertake further discussions regarding the proposal as a new work item.(2)We held the committee of standardization of mixture polyolefin recyclate and also we investigated for method composition analysis and classification of polyethylene and polypropylene in mixture polyolefin recyclate. We conducted additional experiments on a mixture ratio evaluation method using the samples selected from plastic waste, which is subject to the Containers and Packaging Recycling Law and is likely to be made from a single material. As in the case of material recycled products under the Containers and Packaging Recycling Law, we confirmed that we could identify the PE/PP mixture ratio of the samples on a semi-quantitative level by using an infrared spectroscopy analysis technique.(3)Regarding a standard for polyolefin recyclate molding compound, we prepared a draft (Japanese version) of a “Designation System and Basis for Specifications” and “Preparation of Test Specimen and Determination of Properties” in which were “composition” has been added as a characteristic item and minimum physical characteristics have been listed. Our future plan is to prepare a working draft on the quality classification and the test method for polyolefin recyclate and to then propose a new work item to the ISO / TC61 committee in 2011(Malaysia). Our ultimate goal is to establish the method as an international standard.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る