成果報告書詳細
管理番号20110000001269
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化先導研究 有機/ナノデバイス計測に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名学校法人慶應義塾
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約本先導研究では、ナノエレクトロニクス全体の標準化動向について俯瞰し、特に標準化時期が早いと予測されるものを絞り込み、来年度以降の標準化テーマに反映することを目標とした。特に有機/ナノデバイス計測技術については、標準化時期が早いと予測されることから、電気特性(キャリア濃度・移動度など)評価法の調査を行い、国際標準化の可能性について検討を行った。
上記目標を実現するため、ナノエレ分野で早期に国際標準化を着手すべき技術分野を検討し、さらに有機/ナノデバイスの電気特性評価法に関する国際標準化の可能性を検討するため、関連する国際会議に参加し動向調査を実施した。具体的には、(1)IEC総会のTC113会議でナノエレ標準化ロードマップ作成プロジェクトに関する議論を行った、(2)ナノエレ関連の国際会議としてMRS、IEDM、AMN、(3)有機/ナノデバイス関連の国際会議としてElecMol、FLEX、AMN、IWEPNMに参加し調査を実施した。また本委員会においても、有機FET分野の第一人者である千葉大学工藤一浩先生からのヒアリング調査を実施した。その結果、フレキシブル/プリンタブルエレクトロニクス応用のための有機/ナノデバイスやグラフェンを含むナノカーボン関係の研究が急速に進展していること、一方で、有機系半導体の電気的特性評価法は、再現性・信頼性の面で課題が多く、国際標準化すべきテーマであることが明らかとなった。本調査をもとに、正確な特性評価に必要な測定条件や試料に関しての国際標準化提案の準備を進めるため、経済産業省の国際標準共同研究開発事業への提案も行った。
英文要約The targets of this leading research project are as follows: 1) investigating the standardization trend of nanoelectronics, 2)finding out the items which should be standardized soon, and 3)adding them to our plan of international standardization of the near future. Because the measurement technology of carrier concentration and carrier mobility in organic nanodevices should be included in those items, we investigated in detail about the issues of conventional measurement technologies from the standardization point of view. In order to investigate them, we participated in international conferences and carried out the trend survey: such as nanoelectronics-related conferences (MRS, IEDM, AMN), organic-nanodevice-related conferences (ElecMol, FLEX, AMN, IWEPNM) and IEC-TC113 meeting. Moreover, we invited Professor K. Kudo of Chiba University as an authority of the organic FET field and held his special lecture. Based on the results of this project, we concluded that the research on organic nanodevices for flexible (or printable) electronics and on nano-carbon devices (including graphene devices) have progressed very rapidly for the last few years. On the other hand, the electrical property measurements of an organic semiconductor have not been established yet, in particular, the reproducibility and reliability. Therefore, we believe that there are some possible international standardization items in the field. In order to investigate the measurement procedure and the measurement sample structures for an organic nanodevice and then propose possible working items, we applied the international-standards joint research development project of METI.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る