成果報告書詳細
管理番号20110000001271
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 フローはんだ槽材料の長期信頼性に関わる各種特性の評価試験方法に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名財団法人日本電子部品信頼性センター 国立大学法人大阪大学 国立大学法人群馬大学
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約平成19~21年度に経済産業省の助成事業として実施した「鉛フリーはんだを用いたフローはんだ付け機器の損傷抑制技術の評価試験方法に関する標準化」において、表面処理を施していない裸のステンレス鋼については試験方法をIEC/TC91に提案中である。しかし、表面処理を施したステンレス鋼では、その基礎特性や損傷のモードなどについては明らかにしたものの、表面処理の方法や条件により物理的な特性、化学的な特性および熱的な特性などが異なり、皮膜の特性に合わせた複合的な試験が必要であることなどがわかった。そこで、本プロジェクトでは、(1)表面拡散タイプの表面処理を施したステンレスの損傷のメカニズム解明と評価試験方法の確立(群馬大学、RCJ)、(2)コーティングタイプの表面処理を施したステンレス鋼の損傷のメカニズムの解明と評価試験方法の確立(大阪大学)、および(3)損傷の定量的な評価方法の開発(RCJ)を実施した。その結果、(1)については高温侵食試験と曲げ付加試験の複合試験、高温磨耗試験および溶接部の侵食試験などを行い、それぞれ加速性を評価し、試験方法への適用の可能性を明らかにできた。(2)については、各種のコーティングについて、コート厚さを変え、侵食条件特に温度を変えた詳細な実験により、コーティングタイプのステンレス鋼でも侵食の発生が認められるなどの新しい知見が得られた。(3)については、平面ではない試験片に対する損傷評価方法として、レーザ変位計と電動ステージを組み合わせた簡易計測法をソフトウエアも含めて開発できた。平成23年度は、損傷のメカニズムの更なる解明と評価試験法の提案を行っていく。
英文要約n our previous research project entitled “Erosion test method for the materials of solder bath or parts in solder bath which contact with molten lead free solder” supported by METI, we have proposed the new standard to the IEC as the erosion test method of bare stainless steel by molten solders. For the surface treated stainless steel, we could have developed their basic properties and damage modes, but we could not have proposed the test method, because the physical, chemical and the thermal properties were quite different by the surface treatment methods and treatment conditions. It can be found that the different test method is needed for the each surface treatment.
In this project, we have three major items as follows. Clear the mechanisms and develop the test methods for the diffusion type surface treated stainless steels(Gunma Univ. and RCJ, Clear the mechanisms and develop the test methods for the coating type stainless steels(Osaka Univ.), and Develop the quantitative measuring method of damages(RCJ). For the first item, the erosion tests combined together with high temperature erosion and bending of specimen, high temperature wearing and using welded specimen have been done. As the results, it was found that there were possibilities for establishing the test methods by combining the plural test conditions. For the second item, the several conditions of erosion tests especially temperature have been done for 4 coating types and 3 coating thickness. The erosions of the coating type stainless steels have firstly discovered in these tests. For the third item, the measuring method has been developed using Laser position meter and electric moving stage including the software.
At fiscal year 2011, more detailed analysis of erosion mechanisms and the proposal of test methods should been done.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る