成果報告書詳細
管理番号20110000001273
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化フォローアップ 歯科用磁性アタッチメントの標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人東北大学
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約本事業では、世界に貢献できる歯科用磁性アタッチメントの国際規格を作成するため、「磁性アタッチメント標準化委員会」を設立し、2010 年のISO/TC106 会議(リオデジャネイロ)においてISO/CD 13017 を国際規格案(DIS)にすることを目標とした。2009年ISO/TC 106会議(大阪)及び2010年3月に行われたCD投票における各国からコメントに基づき、磁性アタッチメント標準化委員会が、化学組成、維持力測定法、溶出試験方法、孔食電位を用いた耐食性評価法を提案した。各Pメンバー国のコンセンサスを十分に得た後、これらの標準化を適切に行った。各国の意見が異なる維持力と耐食性については、これらに関する追加試験及びデータ収集を行い、標準化の資料とした。2010年ISO/TC106/ SC2/WG22会議(リオデジャネイロ)において、ISO/CD 13017の修正案が議論され、日本側の修正案がほぼ承認された。ISO/CD 13017をDIS投票にかけることがSC 2総会及びTC 106総会で議決された。2010年10月にDIS投票のための規格案(ISO/DIS 13017)をISO事務局に提出し、2011年6月20日にISO/DIS 13017のDIS投票が行われることになった。
FDISに向けての準備のため、磁性アタッチメント標準化委員会では、本事業の終了期間まで規格案(ISO/DIS 13017)を継続して再検討し、優れた精度と再現性で維持力を測定できるジグの試作も行った。
英文要約“Magnetic attachment standardization committee” was organized in order to establish the international standard that can contribute to the world in this program, and it aimed at the accomplishment to improve ISO/CD 13017 to DIS (Draft of International Standard) grade at the ISO/TC 106 meeting (Rio de Janeiro) in 2010. The committee proposed the revised draft for “Chemical composition”, “Measurement method of retentive force”, “Static immersion test method” and “Corrosion resistance evaluation method using breakdown potential” on the basis of the comments brought by each country at the ISO/TC 106 meeting (Osaka) in 2009 and at the CD voting in March, 2010. After consensus in each P member was sufficiently obtained, those revised contents were appropriately standardized. Furthermore, additional testing or collecting data with respect to “Retentive force” and “Corrosion resistance” were performed, and were used as background information because each country had different opinions for them. The draft of ISO/CD 13017 revised by the committee was discussed, and it was approved with few disapproving comments at the ISO/ TC106/ SC2/ WG22 meeting (Rio de Janeiro) in 2010. It was resolved to put ISO/CD 13017 on the DIS voting in the SC2 and the TC/106 plenary meeting. The revised draft (ISO/DIS 13017) for the DIS voting was submitted to the ISO secretariat in October, 2010, and the DIS voting of ISO/DIS 13017 will be carried out on June 20, 2011. The committee continuously reexamined the draft of ISO/DIS 13017, and also developed a pilot model of the jig, which could measure the retentive force with excellent accuracy and reproducibility until the end period of this program because of the preparation for FDIS.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る