成果報告書詳細
管理番号20110000001276
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化先導研究 高性能水回収膜技術に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名学校法人五島育英会東京都市大学
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約アジア・中東地域におけるMBR標準化ニーズ調査及び欧州・中国・韓国におけるMBR標準化動向調査において、中国では先行メーカーやコントラクターに標準化の期待があった。韓国では、ソフトの標準化が必要であることがわかった。サウジアラビアでは、O&Mに関する標準化のニーズがあることがわかった。中国ではMBR標準化書類の整備が進行中であり、韓国では、MBR標準化に対して日本への協力に対する要望があった。 MBR技術標準化内容の検討に関しては各社の性能試験についての調査を行った。EUのCWA15897と日本の下水道への膜処理技術導入のためのガイドラインとの比較検討を行った。MBR技術を海外市場に普及展開していくための検討においては、今後、標準化において継続した情報発信を行っていくことが重要である。 日本としてあるべき国内標準化、国際標準化への取組み、ロードマップについて、委員会での議論を踏まえて提案を行った。
英文要約 The MBR standardization needs investigation and the MBR standardization trend investigation in Europe, China, and South Korea and the Middle East region were done. In China, the early maker and the contractor expected standardization. In South Korea, it has been understood that the standardization of software is necessary. In Saudi Arabia, it has been understood that there are needs of standardization concerning O&M. The maintenance of the MBR standardization document was progressing in China, and there was a demand for cooperation in Japan for the MBR standardization in South Korea. The performance examination of each company was investigated for the examination of the content of the MBR technology standardization. It made comparative study with the guideline for the membrane processing introduced into the sewage in Japan and CWA15897 of EU. It proposed the approach on national standardization and international appropriate standardization as Japan and the road map based on the discussion by the MBR committee. In the future, it is important in the spread progressing the MBR technology to an overseas market to send continuing information.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る