成果報告書詳細
管理番号20110000001279
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化先導研究 ITSプローブ情報システムのサービスアーキテクチャ構築に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名学校法人慶應義塾慶應義塾大学SFC研究所
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約プローブ情報システムは、車両を自動車交通の触覚(プローブ)とみなし、車両のもつ様々なセンサデータをリアルタイムな情報として収集し、車や社会全体に提供するものである。現在、プローブ情報システムは各国で開発・展開が行われており、日本では、自動車メーカをはじめとする自動車関連企業を中心に普及展開を行っているものの、既存のテレマティクスの延長上に位置付けられていることから、事業者間の情報相互利用に関してはあまり進んでいない。本事業では、プローブ情報システムの全般的なアーキテクチャを念頭におきつつ、研究開発・普及展開が行われているプローブ情報システムについて、低コストで利便性の高いプローブ情報システムの普及を推進し、これまでの我が国のITSプローブ情報システムの研究開発を活かすことが可能なサービスアーキテクチャを検討した。具体的には、プローブ情報システムについて、システムの構造や用いる自動車情報の種類、提供情報の形式等に着目して体系的なドメインを定義し、対象車両や前提となる情報の品質等についてクラス分けを行い、サービスの分類を定義した。研究開発は、慶應義塾大学SFC研究所が関連団体と連携を図って実施した。また、学識経験者を長とし、関係する有識者、団体、企業で構成される委員会を設置し、当該事業の研究内容、進め方に関する方針の確認や、内容の審議を行った。プローブ情報システムのモデル化は、現在普及展開が行われている既存のプローブ情報システムについて、システムの構築モデルや扱っている情報の種類や精度、対象とする自動車の種別等に着目した調査を行った。また、欧米等を中心に模索されているスマートフォン等の携帯電話やPND等で実現出来るプローブ情報システム、および欧州のITSアクションプランで検討されているプローブ情報システム等に関する調査とそのモデル化を行った。モデル化に際しては、スマートフォンやPNDを活用した簡易なプローブ情報システムのリファレンスの開発を行い、各種性能の測定や実現性の検証を行った。サービスアーキテクチャは、上記のモデル化の検討を踏まえた上で、システムの構造や用いる自動車情報の種類、提供情報の形式等に着目して体系的なドメインを検討した。その後、検討したドメイン毎に、対象車両や前提となる情報の品質等についてクラス分けを行い、サービスの分類を定義した。このサービスアーキテクチャは、携帯電話やPND等で実現出来るプローブと従来のテレマティクス車載機でこそ実現出来るプローブや、対象車両(商業車両のプローブや一般車両等)の違い等も踏まえた統括的なものとして国際標準案の基礎となるように検討を行った。プローブ情報システムのサービスアーキテクチャの国際標準化を目指し、提案先として予定しているISO/TC204/WG16に参加して動向を把握すると共に、提案のための土壌形成を図った。同時に、既に進捗しているITS プローブ情報の匿名性に関する国際標準開発についてフォローアップを行い、サービスアーキテクチャ標準化検討へのフィードバックを行った。
英文要約Probe information system defines car itself is probe then provides real-time information which is gathered by sensor data from cars to cars and society.Nowadays, probe information system is developed and can been seen deployment in each country. In Japan’s case, each industry related the cars provides its probe information, however, there is no relationship between them because of this services are positioned just as telematics.In this project, we proposed a low cost and convenience of use probe information system architecture which is propositioned could be whole probe information system architecture. Also proposed architecture should utilize Japan’s long time ITS probe information system’s research outcomes.To tell more specific, we defined a new system domain from classification of services architecture and type of information providers. Also we defined service domain from a quality of information created by the cars. For making a prototype, we, Keio research institute at SFC and related university and company, were cooperated. Furthermore, we organized the team including academic person, organization, corporation related our research to convince our project principal and judge a validity of contents.In making a new model of information system, we researched previous and proceeding work, especially focusing on its model and type of information and quality. Moreover, we focused on a system made by mobile phones in particular smart phones and PND in Europe. Also we focused on probe information system and model which ITS action plan in Europe is considering. For making our model, we developed a software which works on smart phones and PND to evaluate each quality of function and validation. For making our service architecture, we considered a classification of whole domain of this system considering its construction and type and format of information by the cars. We classified the cars as objectives and criteria of information quality then defined classification of service.This service architecture is developed by a purpose to make a society which utilizes probe information made by both mobile phones and existing telematics car navigation real. We aim a standardization of this probe information system architecture in ISO/TC204/WG16. For this purpose, we attended them often and made a foundation for our aim. At the same time, we have followed up anonymity system regarding ITS probe information already created by us and done a feedback for its standardization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る