成果報告書詳細
管理番号20110000001281
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化先導研究 高精度測位システムに関わる衛星仕様及び送信データ特性に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名三菱電機株式会社
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約1.本事業の目的:現在、カーナビゲーションや携帯電話等で利用されている測位・計時システムはメータ級の精度であるが、自動農作業や交通管制、災害監視等の分野では、より精度の高いセンチメータ級の測位システムが必要とされる等、センチメータ級測位は我々の日常生活の各方面で深く関わるようになってきた。特に、車両の自動運転、建設施工、地図作成等の用途の場合には、測位システムの信頼性を保証することが必要である。また、河川・海上の水位計測、道路の雪除去、船舶の自動停泊等の場合では、実時間で広域に渡るセンチメータ級の測位に対する要求が高まっている。本事業では、センチメータ級測位システムの補強用衛星と利用者端末を標準化することにより、本システムの多方面での利用を促進し、我が国の当該分野における国際競争力を強化することを目的とする。:2.標準化による効果:センチメータ級の測位精度を広域に渡って実現するための補強情報を配信する補強用衛星及び評価条件に対する要求の国際標準を提案し、これが制定されると、これに関連する産業分野(自動農作業、建設機械、測量等)の育成と、この分野における我が国の国際競争力の強化に繋がる。同時に、受信機の低価格化や量産化の促進、測位アプリケーションの更なる普及拡大と裾野の広がりが期待される。このように、本事業の標準化を実現すれば、各方面・各分野への社会的・経済的な波及効果は甚大である。:3.本報告書の構成:センチメータ級測位補強システムは、測位衛星、補強用衛星、補強用衛星の管制局、電子基準点、測位補強センター、利用者端末から構成される。本報告書は、センチメータ級測位を国際標準化するための動向調査、補強用衛星及び利用者端末に対する標準化要求項目、検証評価の構想と方法について述べた。
英文要約1. Objective:Nowadays, while the system of positioning and timing used for car navigation and cell phone deals with meter class positioning accuracy, and applications such as automatic farming, traffic control, and disaster monitoring system needs more accurate centimeter class positioning accuracy. This centimeter class positioning is deeply concerned with various fields of our daily life. Especially, the positioning system of applications for the automatic vehicle driving, construction and civil engineering, surveying, and mapping are necessary to certify the reliability of positioning system. And also, in the case of water level measuring for river or ocean, snowplow on the road, and ship control, increase the demands on centimeter class accuracy positioning capability which available for the real time and wide area. In order to standardize augmentation satellites and user terminals of centimeter class accuracy positioning system, we intend to promote the availability of our system for various related fields and enhance the international competition in our relevant applications.:2. Standardization Effect:The establishment of the all above standard of requirements for augmentation satellites and verification criteria lead to the improvement and enhancement of the related industries such as automatic farming, construction, surveying and others. At the same time, the promotion of price reduction and mass production of receivers is expected to further expand the use of positioning applications. Thus, the effect of this standardization will extremely great on society, economy, and various fields. Unless we establish this standardization, unnecessarily many methods and the lack of compatibility effects on our industrial field will be incurred. Moreover, this deficiency will lead the inconvenience for general users and the failure of steady development of related industries.:3. Conclusion:We regard this standardization activity as a major contribution for satellite navigation system integration, and it is essential to make synergistic effect by cooperating with related activities.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る