成果報告書詳細
管理番号20110000001282
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 カシミヤ繊維の試験方法に関する標準化
公開日2011/7/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 学校法人金沢工業大学
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約カシミヤ繊維について、DNAを用いて類似のヤクやヒツジの繊維とを効率的に鑑別する試験方法を開発、国際標準化をISO/TC38/WG22に提案することを目標としている。カシミヤ製品において、カシミヤ表示が誤っている場合、類似のヤクやヒツジが用られていることがほとんどである。このため、カシミヤの毛を、目視により鑑別の難しいヒツジおよびヤクのものと効率的に鑑別する方法の開発が必要である。これら3種は生物的に異なる種であるので、ゲノムDNA配列に基づいて識別することが確実である。本年度の事業により、カシミヤのDNAの塩基配列を決定し、ヒツジやヤクの塩基配列と比較することにより、1,000箇所以上の識別するための候補部位を得た。また、個体間で異なる部位が存在することも確認された。市場に流通する製品を鑑別するためには、加工された繊維を分析した結果、黒等濃い染色サンプルではDNAの増幅が難しいことが判明した。DNAの抽出方法の検討の結果、緩衝液の組成を変更してタンパク質分解処理を行うこと、PCR反応に用いるDNA合成酵素を変えること等によって、鑑別能力が向上することが判明した。
DNAを用いた鑑別法を検証および反証するためペプチド分析の実施では、ペプチド分析を行うための前処理として、カシミヤ・ヤク・羊毛からのサンプル調製について検討を行った。次に、繊維を破砕、変性剤等による可溶化、電気泳動による分離後、酵素処理を行った。フラグメント化させたタンパク質試料をTOF-MSで分析した結果、カシミヤ・ヤク・羊毛にそれぞれ特有のピークを見出した。サンプル調製の反復により、位置再現性の確認、繊維破砕法の改良等によるサンプル調製法の効率化も行った。
英文要約We proposed to develop a DNA testing method to distinguish cashmere fibers from those of yak and sheep, aiming to make a new item proposal to ISO/TC38/WG22. The cashmere products contaminating sheep and yak fibers have been sometimes displayed incorrectly. Thus, it is necessary to develop a method to efficiently differentiate fibers from cashmere, sheep, and yak. Because these three animals are different in species, difference(s) of nucleic acid sequence of genomic DNA can be reliably applied for the differentiation. Cashmere nucleotide sequences of DNA fragments of approximately 2 kb in length have been determined and were compared with those of sheep and yak. Approximately 1,000 or more candidates for the differentiation procedure were identified among the three animals. We also have found that some nucleotide alterations could be polymorphic within the same species, indicating they could not be used for the differentiation.
 By testing several samples of cashmere products as a trial, dark black stain fiber sample was found to be difficult to be differentiated. Modification of reaction components upon proteolytic processing and using another enzyme for PCR were found to improve efficiency of the differentiation.
Proteomic analysis of the animal fibers was performed for verification and falsification for the DNA testing. We examined sample preparation of proteins from yak, cashmere and wool fibers. After the fibers were crushed and solubilized, protein molecules were separated by electrophoresis and were fragmented by the proteolytic enzyme treatment. Analysis of the resulted peptide fragments by TOF-MS revealed several peaks specific to yak, wool, or cashmere. By repeating the sample preparation procedures, reproducible identification of the specific peaks were confirmed. We also improved some procedures for crushing fiber samples.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る