成果報告書詳細
管理番号20110000001288
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 マグネシウム地金・合金中酸素の分析方法の標準化
公開日2011/7/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 一般社団法人日本マグネシウム協会
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約NEDO戦略的国際標準化推進事業/標準化研究開発/「マグネシウム地金・合金中酸素の分析方法の標準化」において、酸素分析方法のISO規格の提案を目指して、1)試料のサンプリング方法、2)共通分析試料の検討、3)適用可能な合金範囲の探索、4)適用可能な市販装置の範囲の探索について研究開発を行った。その結果、酸素分析結果が介在物評価法として知られている「Kモールド法」の評価結果と傾向的に一致することを見いだした。また、国際共同試験に用いる事が可能な均質性を持つ酸化物分散合金試料を作製した。また本酸素分析方法が市販されている合金組成のほとんど全てに適用可能であることを確認するとともに、市販装置のほとんどに適用可能となる様に手順書を定めることに成功した。これらの知見を元にISO/TC79/SC5の会議において技術的内容の広報を行うとともに、ISO規格の素案を作成した。
英文要約In our research project entitled “Standardization of methods of analysis of oxygen in magnesium metal and magnesium alloys ” supported by NEDO Research and Development to Promote the International Standardization, we were researched and developed four sub-themes which “the methods of sampling”, “examined the common analysis sample”, “the search for an applicable range of the alloy” and “the search for the range of an applicable commercial apparatus”. As a result, the oxygen analysis result was found to be corresponding in the tendency with the in the inclusion evaluation result by "K molding method". The oxide dispersion alloy samples which be able to use for an international examination were made. It is confirmed that this methods was applicable for almost all of the magnesium alloys, and this method is can be used with almost commercial apparatus. A technical content was announced to public in conferring on ISO/TC79/SC5, and the draft of the ISO standard was made.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る