成果報告書詳細
管理番号20110000001292
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 CCSモニタリングに対応した海水のpH高精度測定法に関する標準化 
公開日2011/7/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人海洋研究開発機構 株式会社環境総合テクノス
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約本事業において指示薬としてメタクレゾールパープルを用いた海水のpH高精度測定法をISOに提案するための準備を行った。具体的にはISO TC147/SC2へ新規提案(New Work Item Proposal)する国際標準化原案の検討および原案作成に際し問題となる技術的な事項の検討、国際ランドロビンテストの実施に向けた試行を実施した。得られた成果は次の通りである。 (1)ISO TC147/SC2へ提案するメタクレゾールパープルを用いた海水のpH測定法の国際標準化原案について検討するとともにISO提案書Form4を作成し、2011年度に新規提案を行うための準備を整えた。 (2)国際標準化において問題となる試薬純度およびメタクレゾールパープルのモル吸光係数を機器ごとに取得する方法についての技術的な検討を実施した。入手可能なメタクレゾールパープルおよびそのナトリウム塩を比較したところ、純度は会社ごとに異なっていた。しかし、1つの試薬を除いて強アルカリ下ではほぼ同じ吸収パターンを示した。もし吸収パターンの異なる試薬を用いた時には他の試薬と比較して系統的に0.001pH程度の誤差を導くと思われる。また、海水のpHが海水と接する気体の二酸化炭素分圧と関係付けられるならば簡単な気体交換装置を用いてpHの計算に必要なモル吸光係数を機器ごとに求めることが可能であることを示した。これらの結果を踏まえたpH測定に用いるフロー測定システムの概念図を提示した。 (3)米国カリフォルニア大学スクリプス海洋研究所製のCRMと(株)環境総合テクノス社製海水標準物質を用いたランドロビンテストを国内4機関で試行し、国際的なランドロビンテストに備えた。国内4機関の内、温度制御が十分でなかった1機関を除いた3機関で得られた値は0.003以内で一致した。これにより配布試料に問題がないことを示すとともにランドロビンテストの手順を確認した。
英文要約In our previous research project entitled "High quality determination of pH of sea water for Carbon dioxide capture and storage monitoring" supported by NEDO, we prepared and discussed working draft to propose the determination of the pH of sea water using the indicator dye m-cresol purple to ISO TC147/SC2 during FY2011. The round-robin test in Japan was examined before the international test and the analytical procedure was checked about indicator dye and instruments. Results are as follow; (1) The working draft entitled “Water quality-Determination of the pH of sea water using the indicator dye m-cresol purple” and the new work item proposal form 4 were prepared to propose for ISO TC147/SC2 during FY2011. (2) The purity of m-cresol purple and the method to determine the extinction coefficient ratios corresponding to the absorbance maxima of the base and acid forms of m-cresol purples depending on instruments were examined technically. Several m-cresol purples and its sodium salts were obtained inside Japan. These purities were depended on the manufactures. However, these reagents exclude one has same absorbance spectra under the strong base. Difference between absorbance of excluded regent and others would introduce systematic error about 0.001. As pH of seawater is obtained from partial pressure of carbon dioxide in air, simple equilibrator was tested to determine the extinction coefficient ratios for m-cresol purples depending on instruments. Its results suggested that this equilibrator is useful to check the instrument. The schematic flow analyzer system including simple equilibrator is suggested finally. (3) Seawater standards for carbonate analysis made by Kanso Co. Ltd. and Certified Reference Material by Scripps Institution of Oceanography and University of California, San Diego were distributed and tested for four laboratories in Japan before the international round-robin test. Values reported by the laboratories exclude one, which laboratory is not enough to control temperature during measurement, consist less than 0.003. This result was supported that the distributed samples were enough to use the international round-robin test.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る