成果報告書詳細
管理番号20110000001294
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化研究開発 高機能性繊維の試験方法に関する標準化
公開日2011/7/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社東レリサーチセンター
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約現在、国内で流通する衣類は約9割が輸入品となっている。中国の化学繊維生産能力は世界の生産力の50%以上を占めており、日本国内生産力の20倍の規模である。このような状況の中で、日本国内企業では、高機能化、高付加価値化による差別化が不可欠となっており、これらの繊維素材の積極的な開発・販売を行っている。高機能性繊維の評価においては、その機能を開発したメーカー独自の試験方法がある。さらに、第三者検査機関なども独自の試験方法を有する場合があり、その結果、一つの機能に対して複数の試験方法が存在することがある。そのため、消費者や小売店などからは統一された試験方法による公正な性能表示の要望が高まっている。本事業は、我が国の強みとされる高機能性繊維に関し、自ら開発した試験方法の国際標準化を通して、高機能性をより公正かつ明確に示すことで、我が国高機能性繊維の国際競争力の維持・強化を推進するものである。平成22年度は、「消臭性試験方法」に関して国際標準化を進めた。「消臭性試験方法」は、(社)繊維評価技術協議会が開発した方法(繊技協法)が一般に普及している状況にある。本事業では、繊技協法をもとに標準的試験方法を開発、ISO規格文書の作成を行った。国際標準化を行った「臭気性試験方法」の対象臭気成分は、『アンモニア』、『酢酸』、『イソ吉草酸』、『ノネナール』、『メチルメルカプタン』、『硫化水素』、『インドール』の7成分である。これらのうち「インドール」については、高感度機器分析方法の開発を行った。繊技協法をもとにした試験方法のラウンドロビン試験、高感度機器分析方法の開発を踏まえ、一般原理、検知管法、ガスクロマトグラフ法、濃縮サンプリング分析法の体系でISO規格文書を作成した。来年度以降は、「消臭性試験方法」について提案したNWIPのフォローアップおよび硫化水素とメチルメルカプタンの高感度分析法の開発、「紫外線遮蔽性試験方法」または「帯電防止性試験方法」についての試験方法開発に向けた検討、を行う予定である。
英文要約About 90 % of the amount of textiles in Japanese market is that of imported products. Manufacturing capacity for chemical fibers of China occupies more than 50% of that in the world and is almost 20 times larger than that of Japan. Japanese textile manufactures are required to supply consumers more valuable products with high functions to differentiate them from overseas manufacturers. Japanese textile manufactures are actively endeavoring to develop and launch value-added textiles with a variety of functions. Each of the manufactures, in general, has a unique method for evaluating functional textiles by itself. Third-party organizations, in some cases, have developed evaluation procedures for functional textiles. Several different evaluation methods can be applied for testing one function of textiles, which may cause confusion to consumers in selecting textiles suitable for their demands. Dealers and consumers, therefore, have demands for common index values of functions obtained through unified evaluation methods for functional textiles. Consequently, this project aims at promoting to maintain and strengthen the international competitiveness of functional textiles made in Japan both through establishment of evaluation methods for functional textiles and through international standardization of the methods. In fiscal 2010, a method of “Determination of deodorant property” was established and an ISO NWIP (New Work Item Proposal) draft of “Determination of deodorant property” was made. In order to determine deodorant property, a method developed by Japan Textile Evaluation Technology Council had been mainly utilized in Japan. The method was reexamined and improved to be recognized as an international standard method. The improvement included specification of 7 odorous compounds that were typical in human daily life, such as ammonia, acetic acid, isovaleric acid, nonenal, methyl mercaptan, hydrogen sulfide and indole. A high sensitivity instrumental analysis was also developed for evaluating indole. The ISO NWIP draft of “Determination of deodorant property” contained the principle of the analysis method (GC-MS: gas chromatography-mass spectrometry), and detailed description of sample preparation and experimental. The main subjects for fiscal 2011 will be follow-up for acceptance of the submitted NWIP of ISO on “Determination of deodorant property”, development of high sensitive instrumental analyses for hydrogen sulfide and methyl mercaptan, and examination of both “Test method for ultraviolet light-screening function” and “Test method for antistatic function”.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る