成果報告書詳細
管理番号20110000000226
タイトル平成21年度成果報告書 カーボンアロイ触媒の性能検証に係わる先導研究
公開日2011/8/30
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人東京工業大学 国立大学法人東京大学 国立大学法人北海道大学 株式会社旭リサーチセンター
プロジェクト番号P08027
部署名ナノテクノロジー・材料技術開発部
和文要約 今回独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構が実施したプロジェクトの中で、機能性高分子材料の技術開発に係わったと考えられるプロジェクトを抽出し、そのアウトカム調査を実施した。今回の調査においては従来のヒアリング・アンケートによる手法に加えて、プロジェクト期間中に参画した大学・研究機関および企業研究者によって出願された特許を元に、類似研究分野の特許の出願推移や引用関係からの波及効果など、定量的な評価を行った。ヒアリング・アンケート調査からは、大半のプロジェクトにおいて参画企業から製品化されたような具体的なアウトカムは限定的であり、基本的に基礎・基盤研究にとどまっていることが示された。一方で特許による解析を行った結果、プロジェクト成果の他企業への波及効果を具体的かつ定量的に明らかにすることができた。特に類似分野への出願特許数が、プロジェクト期間中においては参画大学・研究機関および企業からの出願数の10倍以上出願され、プロジェクト期間と連動しており、これら調査対象となったプロジェクトが非常に波及効果が大きいものであったことが示された。全般的には参画企業からの製品化が行われた例は限定的であったが、プロジェクト成果は日本の高分子産業の基盤強化に着実に貢献したとみなすことが出来る。今後後継のプロジェクトを策定する場合には、参画対象企業を中小企業までに枠を広げること、またこれまでのプロジェクトでは欠けていた高分子の成形・加工分野の基礎・基盤を構築するようなプロジェクトが望ましいと考えられる。
英文要約Title: Outcome assessment about R&D on functional polymeric materials (FY2009)Final Report
In this report, we extracted the projects that were considered to be involved in the development of functional polymeric materials carried out by the New Energy and Industrial Technology Development Organization(NEDO) , and investigated the outcomes of those projects.
 In addition to the conventional hearing and questionnaire, we conducted a quantity analysis. The analysis was conducted by using the patents applied by the researchers of universities, research organizations, or companies during the projects. Transitional shift of the number of patents , and ripple effects of citiation relations were quantified.
From the hearing and questionnaire, we found that in most of projects, there were only a little of concrete outcomes, which were manufactured by participant companies. Also it was shown that they generally remain in a basic research. On the other hand, from the patenent analysis, we were able to clarify the influences of the project results to the other companies, concretely and quantitively. Especially, during the projects, the number of the patents of the similar field was more than 10 times of the number of the patents from the partipant universities, research organizations, and companies. The result shows that the influence of the projects were very extensive.
Generally, there are only limited examples that the paticipant companies had manufactured the product from the results of the project. However, from our analysis, the projects have contributed to the reinforcement of basic knowledge of Japanese polymeric industries.
As a proposal to a next project, we suggest that small and medium-sized companies should participate in the project and a new type of project is considered to be desirable that aims to build the basic knowledge of polymer molding and processing that did not exist in the past projects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る