成果報告書詳細
管理番号20110000000355
タイトル平成22年度成果報告書 太陽光発電システム次世代高性能技術の開発 太陽光発電技術開発動向等の調査 
公開日2011/8/5
報告書年度2010 - 2010
委託先名(株)資源総合システム
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約(1) 海外諸国の研究開発プログラムに関する動向調査:アメリカ合衆国、欧州連合(EU)、ドイツ、フランス、イタリア、スイスなどにおける太陽光発電の研究開発及び普及状況を調査し、各種太陽電池の研究開発戦略や開発動向をまとめた。また、近年生産拠点として急成長を遂げた中国及び台湾、新規参入企業により太陽電池の本格生産が始まった韓国及びインドにおける研究開発戦略や国家戦略、産官学による研究開発への取り組みをまとめた。
(2) 海外における最先端の太陽光発電技術研究開発及びシステム技術開発動向調査:世界の太陽光発電研究開発及び技術開発・実証の取り組みについて、最新の動向を調査した。最近の国際会議等から、1) 理論、新材料、2) 有機太陽電池、3) 結晶シリコン、4) 薄膜シリコン、5) CIGS、II-VI族、6) III-V族、集光型、7) 太陽電池モジュール、コンポーネント、8) 地上用太陽光発電システム、9) システム利用技術~~に分けて、特に優れていると考えられる研究開発について、その概要をまとめた。
(3) 産業界における主な太陽光発電技術戦略動向:太陽電池メーカーを初めとした各企業においても独自に研究開発が進められている。大手太陽電池メーカーを中心にその技術開発戦略やロードマップ、開発成果などを纏めた。
(4) 特定分野における技術動向、技術開発動向の調査と方向性の分析:太陽電池に関する特定分野にフォーカスし、基本的技術から最新動向までを纏めた。本年度は、1) 太陽電池用シリコン原料、2) 結晶シリコン太陽電池、3) CdTe太陽電池~~に関して纏めた。
(5) 太陽光発電関連基礎的情報の整理:太陽光発電の研究開発や市場開拓を進めていく上で必要となる、太陽光発電に関する市場情報や政策目標、現在の電力の状況、GDPや人口など、各国の基礎的な情報に関して取り纏めた。調査対象とした国は、日本、ドイツ、アメリカ、インド、インドネシア、タイ、韓国、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、モンゴル、カナダ、ブラジル、イタリア、イギリス、スペイン、チェコ、フランス、オーストラリア、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、トルコ、チュニジア、モロッコ、欧州連合(EU)の各国である。
英文要約Title: Research and Development of High Performance Photovoltaic Generation System for the Future, Survey on Photovoltaic Power Generation Technology Trend (FY2010-FY2012) FY 2010 Annual Report
(1) Trend of R&D program by country: This survey covers the status of PV R&D activities as well as dissemination status in the USA, the European Union (EU), Germany, France, Italy, and the Switzerland and summarizes R&D strategies and trends of various PV technologies. In addition to these countries, this survey also provides R&D strategies, national strategies, and R&D efforts by the industry, government and academia in emerging economies such as China and Taiwan, both achieved significant growth in solar cell production, and India and Korea where full-scale production of PV products started by new entrants. (2) Latest R&D, D trends on PV power generation and system technology: Latest trends of R&D, D on PV power generation technology were surveyed based on the papers reported in the major international PV conferences held recently. Excellent papers were studied and summarized in the following categories: 1) new concepts, novel materials and devices; 2) organic solar cell technologies; 3) crystalline silicon solar cell technologies; 4) thin-film silicon solar cell technologies; 5) CIGS, II-VI thin-film solar cell technologies; 6) III-V and concentrator PV (CPV) technologies; 7) PV modules and system components; 8) terrestrial PV systems; and 9) PV system applications. (3) Trends on PV technology strategy in the PV industry: Solar cell manufacturers and other PV companies are also promoting their own R&D activities. Strategies, roadmaps, and achievements of the R&D activities mainly by major PV manufacturers were surveyed in this chapter. (4) Survey and analysis on R&D trends in specific areas: Focusing on specific areas in PV, this chapter covers from baseline technologies to the latest trends. The following categories were surveyed in this fiscal year: 1) silicon feedstock for solar cells; 2) crystalline silicon solar cell technologies; and 3) CdTe PV technologies. (5) Basic data necessary for PV R&D by country: This chapter provides basic data necessary to promote PV R&D and market cultivation in each country including: 1) the PV market; 2) policy objectives; 3) current status of electric power supply; and 4) statistics such as GDP and population. Countries surveyed are: Japan, Germany, the USA, India, Indonesia, Thailand, Korea, China, the Philippines, Vietnam, Malaysia, Mongol, Canada, Brazil, Italy, the UK, Spain, the Czech Republic, France, Australia, the United Arab Emirates (UAE), Saudi Arabia, Turkey, Tunisia, Morocco, and the EU.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る