成果報告書詳細
管理番号20110000000625
タイトル平成22年度成果報告書 太陽光発電システム次世代高性能技術の開発 IEA PVPSプログラム タスク1の活動に関わる国際協力事業 
公開日2011/8/5
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社資源総合システム
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約1.調査項目:国際エネルギー機関(IEA)の場での太陽光発電に関する研究開発協力を通じて、広く先進諸国間の研究協力を推進するため、IEA PVPSプログラム「タスク1:太陽光発電システムに関する情報交換と普及」(以下タスク1と記)の活動に、日本の専門家代表として参画して情報交換を行い、その活動に関する報告書を作成した。2.平成22年度の調査内容:タスク1専門家会議、タスク1活動に係わるワークショップ及びその他の活動を通じて、各国の研究開発、実証試験、導入促進、市場動向等の情報を収集した。また、日本における太陽光発電の現状を調査して、日本のタスク1に関わる報告書である「国内調査報告書2009年」及び「年次報告書2010年」を作成した。さらに、「動向報告書」の作成に各国の専門家とともに参画した。調査の一環として、動向報告書及び主要国の国内調査報告書の日本語版を作成した。3.調査内容の概要:平成22年度におけるタスク1情報収集活動は次の通りである。(1)第34回タスク1専門家会議に日本の代表として出席した。加盟国各国における太陽光発電の動向についての情報交換を通じて、加盟国の国家プログラム、実証試験、普及状況、市場動向等の情報を収集・調査した。我が国の太陽光発電の動向について同会議において報告した。(2)第35回タスク1専門家会議に日本の代表として出席した。2010年における加盟国の国家プログラム、実証試験、普及状況、市場動向等の情報を収集・調査した。我が国の太陽光発電の動向について報告した。(3)第5回IEA PVPSエグゼクティブ、「太陽光発電電力事業」に参加し、日本の太陽光発電動向について基調講演を行った。同会議において、各国における電力事業における太陽光発電の導入状況や実証プロジェクト、電力事業者による取り組み等に関する調査を実施した。(4)第25回欧州太陽光発電世界会議において、タスク1/タスク14共催ワークショップ「将来の電力系統における太陽光発電:問題~あるいは解決策~」を開催し、調査を実施した。(5)我が国における太陽光発電の動向の調査を実施し、「国内調査報告書2009年」及び「年次報告書2010年」を作成した。また、各国の専門家とともに「動向報告書」の作成に参画した。さらに本調査の一環として、「動向報告書」及び主要国の「国内調査報告書」の日本語版を作成した。(6)日本のタスク1活動に関する評価:タスク1OAであるグレッグ・ワット氏は、日本のタスク1専門家の活動について、「日本は、コミットメント、グループでの活動への功績及びそのタスク1に係る活動の品質において傑出している」と報告しており、高い評価を得ている。(7)タスク1成果物の利用状況:「動向報告書」をはじめとしたタスク1の成果物は、NEDO技術開発機構の太陽光発電技術開発ロードマップPV2030+の策定に利用されている。また、経済産業省や国内外の政府機関、太陽光発電協会や欧州太陽光発電産業会等の産業団体、民間企業、金融機関等が利用しており、太陽光発電の研究開発、市場開拓等に貢献している。
英文要約Title: Research and Development of High Performance Photovoltaic Generation System for the Future, International Cooperation on IEA PVPS Program Task 1 (FY2010) Final Report
1. Object of survey: To promote wide range of research cooperation among OECD countries through collaboration in research and development on photovoltaic power generation within the framework of IEA PVPS, the activities for PVPS Task 1, “Exchange of information and dissemination on photovoltaic power (PV) systems” (hereinafter referred to as “Task 1”) and exchange of information on PV power generation were conducted by participating in those activities as experts representing Japan. In addition, reports concerned with Task 1 activities were compiled and the Japanese version of related reports from IEA PVPS Task 1 and its member countries were produced under this survey. 2. Descriptions of survey conducted during the fiscal year 2010: The information on national PV programs, R&D, D, promotion of PV system introduction, trends of the PV system market and so on were collected and surveyed through the Task 1 experts meetings, the workshops held by Task 1 and other international collaboration activities of Task 1. As for Japan’s report concerning Task 1, “National Survey Report of PV Power Applications 2009 Japan” and “Japan, PV Technology Status and Prospects, Annual Report 2010” were compiled based on the study of the status of PV in Japan. In addition, “Trends Report, Trends in Photovoltaic Applications - Survey report of selected IEA countries between 1992 and 2009”, a Task 1 annual report was prepared with experts from member countries. Also, the Japanese versions of the “Trends Report” and the “National Survey Report 2009” of selected countries were prepared. 3. Results of the survey: Task 1 activities on information collection conducted during the FY 2010 are as follows: (1) the 34th Task 1 Expert Meeting: Information of PVPS countries on national PV programs, demonstrative researches, dissemination measures, status of installed PV capacity and trends of the PV market were collected and studied. (2) the 35th Task 1 Expert Meeting: information of PVPS countries focusing on 2010 trends were collected and studied. (3) In the 5th IEA PVPS Executive Conference titled, “The Solar Utility”, the survey of PVPS activities was conducted and the keynote speech on Japan’s PV activities was made by a Japan’s expert. (4) A PVPS Workshop, “PV in Tomorrow’s Electricity Grids: Problem or Panacea~” was jointly held by Task 1 and Task 14 in conjunction with EUPVSEC-25. (5) “National Survey Report of PV Power Applications 2009 Japan” and “Japan, PV Technology Status and Prospects, Annual Report 2010” were compiled. “Trends Report” was prepared with Task 1 experts from member countries. The Japanese version of the “Trends Report” and “National Survey Report 2009” of selected countries were also prepared. (6) Evaluation of Task 1 activities conducted by Japan’s experts: Mr. Greg Watt, Task 1 Operating Agent reported that the country that stands out in commitment, contribution to the work of the group and the quality of their Task 1 work is Japan. (7) Citation of Task 1 deliverables: Trends Report and other Task 1 deliverables are used and cited by NEDO, METI in Japan, governmental agencies both home and abroad, JPEA and EPIA and other industry associations all over the world, companies and financial institutes both at home and abroad, contributing to R&D, development of the PV system market and so on.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る