成果報告書詳細
管理番号20110000000741
タイトル*平成22年度中間年報 イットリウム系超電導電力機器技術開発 超電導ケーブル・超電導変圧器線材開発 機器用線材製作・開発
公開日2011/8/25
報告書年度2010 - 2010
委託先名昭和電線ケーブルシステム株式会社
プロジェクト番号P08016
部署名エネルギー対策推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等 「(2)超電導電力ケーブルの研究開発」(4)超電導電力ケーブル対応線材安定製造技術開発 (c)MODプロセスによる高電圧ケーブル用超電導線材の開発 (i)長尺YBCO線材の安定製造の検討 平成22年度は長手方向の均一性の向上を図るため、局所的に線材の臨界電流値(Ic)を低下させる要因の調査を複数の線材ロットを使用して行った。 Ic値が大きく低下する区間を選択し、1cm間隔までIc値の低下部位を絞り込んだ。その後、銀安定化層をエッチングして除去し、YBCO超電導薄膜の表面観察を実施した。
英文要約Title: Technological Developmennt of Yttrium-based Superconducting Power Equipment (FY2008-2011) FY2010 annual report
We have investigated the fabrication process of long YBa2Cu3O7-~(YBCO)coated conductors for the mass products with uniformity. The metal organic deposition process using trifluoroacetates (TFA-MOD) combined with a batch type heat-treatment was selected for long YBCO coated conductors fabrication.
We examined the improvement for uniformity of the critical current value since last year. To improve the stability processing technology, the causes of locally decreasing the critical current value were investigated. As a result, some countermeasures to control the defect thought to be main cause were executed. The fabricated YBCO coated conductors were supplied for the development of the superconducting power cable for the high voltage type and the superconducting transformer, respectively.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る