成果報告書詳細
管理番号20110000001070
タイトル平成22年度成果報告書 標準化フォローアップ事業 医用波形データの標準化事業
公開日2011/8/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名日本光電工業株式会社
プロジェクト番号P04002
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約平成22年度医用波形データの標準化は、MFER規約の作成、ISO 規約制定のための活動、標準化団体に対するMFER 規約のアピール、普及活動、MFERによる心電図の通信実証実験を行った。ISO/TC215でMFER Part2-5(CDA R2での実装規約)、Part2-6(SCP-ECG変換規約)、Part3-1(標準12 誘導心電図規約)、Part3-2(長時間心電図規約)についてNWIP投票が行われた。投票締切りは2010年5月8日。しかし、投票結果は4つの規約すべてが賛成多数だが、NWIPの可決に不可欠な5カ国以上の参加表明が4カ国しか得られず可決されなかった。そのため、再度投票にかけるため、投票で出されたコメントの対応、ISO規格書仕様への変更の検討等が必要となった。同時に、さらにMFER規約への理解を深めてもらうため、ISO/TC215.HL7等関連する標準化会議等に参加し、参加国を増やすよう調整を行った。MFERはISO/TC215(保健医療情報分野)のWG7(Devices)で検討されている。ISO/TC215は、CEN,IEEE,HL7等国際的標準化団体と協調して標準化を進めており、合同でのWGも開催している。MFERについても、CEN,IEEE,HL7等と合同で検討する機会が増えた。WG7に関連する会議は、10月にISO/IEEE/CEN/HL7合同WG(ケンブリッジ)とISO/TC215 CEN/TC251JWG(ロッテルダム)、1月にISO/IEEE/CEN/HL7合同WG(シドニー、メリーランド)が開催された。それぞれの会議にエキスパートを派遣し、MFERについて説明や、質問を受ける等、標準化活動を行った。特に10月のケンブリッジとロッテルダムの会議は可決されなかったMFER規約を再度投票にかけるために重要な会議となるため、MFERに協力している大手心電計メーカーの日本光電、フクダ電子から参加し、日本として協力体制ができておりMFERに力を入れていることをアピールした。また、MFERの普及のために海外での調査、国内での学会発表等を行った。海外での調査普及活動として医療機器に関する世界で一番大規模な展示会「MEDICA」、医療情報に関する会議「HIMSS ASIA10」、「HIMSS 11」にて調査を行い、中国ベンダーが力を入れていることが目を引いた。国内での普及活動として10月に第27回日本心電学会学術集会(大分)でブース出展を、10月に第26回心電情報処理ワークショップ(会津)で発表を行った。11月に第30回医療情報学連合大会学術集会(浜松)でランチョンセミナーを行い、180名余の参加があり、MFERの必要性、利点などの説明、製品化等について発表と質疑応答、意見交換を行った。日本では大手心電計メーカーからMFER出力を実装した新しい心電計が販売されるようになった。電子カルテ等各種医療情報システムで実装されるよう、IHE-JとしてのMFERをアピールした。TSになっていたISO/TS11073-92001:2007の見直し投票が行われた。投票結果は継続を否定する回答はほとんどなく、「そのまま継続」が多かったが、5月に開催されるISO/TC215総会で今後の方針が決まると思われる。日本はIS(国際規格)にすると提案をする予定。MFER心電図の通信実証実験では国内、海外との通信実証実験を行った。かがわ遠隔医療ネットワーク(K-MIX)を使い、中国の病院との実験は成功に終わり、問題点も確認できた。
英文要約Title: Project for Standardization of Medical Waveform Data(2010FY Result Report)
Our activities for Standardization of Medical Waveform Data in 2010 fiscal year were making the rule, the activity for the ISO rule enactment, the appeal, the spread activity of the rule to the standards body and the proof of the communication of the electrocardiogram by MFER (Medical waveform Format Encoding Rules). New Work Item Proposal ballot for MFER Part2-5 MFER -Physiological report, HL7 CDA R2), Part2-6 (MFER - Conversion from SCP-ECG format), Part3-1 (MFER - Electrocardiography) and Part3-2 (MFER - Long term ECG) reached completion. As results, all of four MFER rules were not passed. The majority were agreed. But nominations of experts were only 4 countries. Therefore, to put on the ballot again, we answered the comments and questions from ISO/TC215 experts. We should present about MFER to experts to deepen understanding. And we have adjusted to increase the number of attending countries. MFER is discussed in WG7 of ISO/TC215 which harmonizes standardization with CEN, IEEE and HL7 international standardization organizations. The meetings ISO/IEEE/CEN/HL7 joint WG were held in October 2010 and January 2011. ISO/TC215 CEN/TC251 JWG was held in October 2010. Some of Japanese experts attended meetings. And we explain to the representative of each standardization organization and push forward standardization activity of MFER in Japan. Especially, to propose the MFER rules again, the meeting on Cambridge and Rotterdam of October becomes very important conference. Some experts from deferent manufactures attended the meetings to show the cooperative relationship as Japan. Moreover, the research in foreign countries and academic conference presentation in Japan were done for the spread of MFER. We researched in foreign countries for the spread of MFER. We researched it in MEDICA which was the largest exhibition in the world about medical equipment. And we attended HIMSS ASIA10 and HIMSS 11 conference of medical informatics. Chinese products increased by this exhibition. We performed the exhibition in the booth at The 27th Annual Meeting of the Japanese Society of Electrocardiology science meeting (Ohita) and announced MFER in The 26th Annual Meeting of Japanese Society for Computerized Electrocardiology (Aidzu) in October. And, we held a luncheon seminar at The 30th Joint Conference on Medical Informatics (Hamamatsu) in last November. 180 people listened in this seminar. We need to appear for MFER as IHE-J so that it was mounted with various medical information systems. The systematic review ballot of ISO/TS11073-92001:2007 was done. As the results, the majority answered confirms, and a few countries answered withdraw. It seems that the policy will decide at next ISO/TC215 plenary meeting in May 2011. We should propose it to be IS.We did the communication proof experiment of the MFER in Japan and foreign countries. We used K-MIX to communicate, and the experiment with the hospital in China succeeded. The problem was appeared.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る