成果報告書詳細
管理番号20110000001088
タイトル平成22年度成果報告書 バイオマスガス化およびメタン発酵技術の導入拡大に関する研究
公開日2011/8/5
報告書年度2010 - 2010
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー部
和文要約本調査では、バイオマスの利用拡大を図るため、バイオマスガス化とメタン発酵技術の導入拡大について検討した。
まず、導入拡大が期待できる事業モデルの検討を行った。
その結果を踏まえ、バイオマス利用とエネルギー利用方法について詳細に検討した。
バイオマス収集コストを低減する方法と考えられる高密度化技術について調査した。
これらの結果に基づき、分析すべき事業モデルを選定した。
事業採算性分析の結果に基づき、日本で目指すべきバイオマスガス化とメタン発酵技術の方向性についてとりまとめた。
英文要約In this research, we have considered the way how instalation of technologies for biomass gasification and methane fermentation could be promoted in order to expand utilization of biomass.
First of all, we conducted the examination of the business model that seem to increase the installation of these technologies.
Based on these business models, we examined the problem regarding using biomass and produced energy.
We also researched the technologies to improve the energy density of biomass.
Considering all of these investigatoins, we reconsidered and selected business models to be analized.
At last, we concluded that the direction that development of technologies for biomass gasification and methane fermentation should be guided to in Japan, based on the results of economic analysis.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る