成果報告書詳細
管理番号20110000001310
タイトル*平成22年度中間年報 省エネルギー革新技術開発事業/先導研究/リサイクル炭素繊維の低コスト省エネ再生技術の研究開発
公開日2011/8/5
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人岐阜大学 カーボンファイバーリサイクル工業株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名エネルギー対策推進部
和文要約 CFPR(carbon fiber reinforced plastic)からの炭素繊維回収の低コスト化および省エネルギー方法を確立するには、炭化炉および焼成炉でCFRP中のプラスチック可燃分を熱源として活用することが重要であり、H22年度では小型電気炉を用いて、可燃分となるガス・タールの回収を試みた。その結果、可燃分から得た生成ガスの熱量は炭化400℃条件で0.252kJ/g-sample、600℃条件で0.774kJ/g-sampleであった。H22年度末では実験室規模炭化炉およびネットキルン焼成炉の設計、製作、搬入を終えたところであり、H23 年度からは炭化炉でのCFRP中のプラスチック可燃分の熱分解および炭化条件、ネットキルンでの残留炭素の燃焼特性を明らかにする予定である。そのために新たに導入した炭化炉では、可燃分の揮発特性を制御するための電気炉とその揮発分を燃焼させるための炉に分離したので、揮発分の燃料特性、大型化したときの熱量を最適化するための最適条件を明らかできる。加えて、回収した炭素繊維強度をバージン炭素繊維と比較を行う予定であり、H22年度では強度分析手法について検討し、分析装置を決定した。
英文要約Low cost and saving energy methods of carbon fiber reinforced plastic (CFRP) recycling were investigated. Using plastic components in CFRPs as heat source, energy for CFRP recycling process can be saved. In FY2010 we investigated vaporization of plastic components in a piece of CFRP with a small electric furnace. As a result, the heat capacity was 0.252kJ/g-sample at 400^C and 0.774kJ/g-sample at 600^C. In FY2011, we are planning to clear the carbonizing condition to volatilize the plastic components in CFRP and the oxidizing condition to burn the residual carbon with the carbonization furnace and the net kiln newly designed. The carbonization furnace is consisted of two parts of a small electric furnace for detailed analysis of vaporization and a burning furnace for testing the performance as a fuel. The optimizing conditions obtained by the lab-small equipment will be verified by the commercial-scale equipment. Additionally, the strength of the carbon fiber recovered from the CFRPs with the above equipment will be compared with the original carbon fiber. In FY2010, we investigated the method of the strength analysis of recycled CFRPs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る