成果報告書詳細
管理番号20110000001332
タイトル平成22年度成果報告書 太陽光発電新技術等フィールドテスト事業における運転データ等の分析評価及び導入普及に係る分析評価結果等の効果的な情報発信手法検討
公開日2011/8/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名JFEテクノリサーチ株式会社
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー部
和文要約太陽光発電システムの2020年における国の導入目標2800万kWを達成するためには、住宅用と並び公共産業用が重要な領域のひとつであるが、住宅用に比べて導入が進んでいない。ここで、2020年の我が国の太陽光発電導入量目標である2800万kWのうち3割を公共産業用太陽光発電分野で賄うとした場合、2005年の30倍にあたる840万kWとなる為、公共産業用太陽光発電に対する更なる導入促進策は不可欠と考えられる。さらに非住宅用太陽光発電の導入拡大のためには、欧米ではメガソーラーと呼ばれる大規模な太陽光発電所も多く導入されているが、我が国において発表済みのメガソーラー導入計画は20万kW以下であり、840万kWに対して極めて少ない。メガソーラーと同時に公共産業等の事業施設への設置導入も合わせて推進していく必要がある。そこで、本年度は運転データ・サイトデータの分析評価だけでなく、導入普及に係る分析評価結果等の効率的な情報発信手段の検討を行った。「太陽光発電新技術等フィールドテスト事業」により平成20年度に設置された太陽光発電システムについて、設備仕様と設備費用に関する分析を行った。平成20年度では、188の太陽光発電システムが設置され、合計設備容量は11,967kWであり、平均設備容量は63.7kWであった。太陽光発電システム種別は、新制御方式適用型、効率向上追及型、新型モジュール採用型および建材一体型に分類されている。サイト数比率では新型モジュール採用型が60.6%で最も多く、新制御方式適用型が20.2%、効率向上追及型10.1%、建材一体型9.0%であった。平成20年度の比率はそれ以前とは異なっている。特に新型モジュール採用型は平成19年度の13.4%が60.6%に増加している。これは主にCIS等化合物型、薄膜型多接合型からなる。設備費用は計測装置と表示装置関係を除いて分析した。平成20年度設置の平均設備単価は91.9万円/kWであった。平成19年度設置よりも10.8%上昇した。これはコストメリットを追求した効率向上追及型の比率が減少したためである。また平成21年の運転データについては、過年度に繋がる統計データとして基本量((1)等価システム稼働時間 (2)等価日照時間 (3)システム出力係数 (4)システム発電効率等)の分析およびトラブル記録表等によるトラブルの分析を平成17~20年度設置サイトに対し行った。公共産業用太陽光発電システムの加速的な普及に繋がる分析評価等の効果的な情報発信手法について委員会を設置して検討を行った。太陽光発電システムに関するアンケート・ヒアリング調査等により、導入検討者が導入に至るために有効な項目や導入の阻害要因等を分析し、発信すべき内容と発信手段の基礎検討を行った。その結果、経済的な面が重視されており、設備費・補助金に対する情報が望まれていることが再確認できた。情報発信内容の候補の優先順位等については次年度以降に検討する。
英文要約Title: Evaluation of the Field Test Data on New Photovoltaic Power Generation Technology and Study for the effective transmission of information to diffuse the Photovoltaic System
PV System for Public/Industrial Use is important field as well as PV Systems for Residential to achieve Japanese PV install target of 28 million kW in 2020. But the former is not installed than the latter. About 30% of the target account for 30 times of the installed PV System for Public/Industrial Use in 2005, so more promotion is indispensable. In Europe many Mega Solar Systems are installed, but in Japan the plans of Mega Solar Systems are less than 0.2 millon kW. So not only Mega Solar Systems but also PV Systems for Public/Industrial Use have to be promoted.:This year the operation data, facilities specifications and cost of PV systems have been analyzed, and the effective transmission of information for the promotion of PV System for Public/Industrial Use has been surveyed.:In FY2008, 188 PV systems were installed under Field Test Project on New Photovoltaic Power Generation Technology and the total and average power generation capacity was 11,967kW and 63.7kW/site respectively.:The PV systems installed are classified into four types; new control methods type, better efficiency type, new module type and building-integrated PV module type. The percentage of each type installed in FY2008 was 60.6% of new module type, 20.2% of new control methods type, 10.1% of better efficiency type and 9.0% of building-integrated PV module type. These percentages were different from those installed during FY2007. Especially the percentage of new module type increased from 13.4% in FY2007 to 60.6% in FY2008, which mainly contains thin-film type, CIS type.:The facility cost was analyzed except for data monitoring equipment and display unit. Average unit cost of all PV systems was 919 thousand JPY/kW in FY2008. The unit cost increased by 10.8% from FY2008. It depends on decrease of the better efficiency type which is excellent at cost economy. The operation data obtained in 2009 with the PV systems installed from FY2005 to FY 2008 were analyzed. Using the data obtained, annually averaged final system yield, reference yield, performance ratio and inverter effective energy efficiency were estimated to be 1,134h, 1,407h, 0.806, 91.5% respectively.:The effective transmission of information for the diffusion of PV System for Public/Industrial Use is discussed. Using the questionnaire and interview, the information which the potential PV user needs and the reason why the diffusion is disturbed were analyzed for the basic study of the information methods and contents. As a result, Economic information is essential feature and espesially the installation cost information including subsidy is desired. The priority of the other information for the practical transmission will be researched next fiscal year.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る