成果報告書詳細
管理番号20110000001334
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化先導研究 バイオメトリクス認証におけるテンプレート保護技術に関する標準化
公開日2011/8/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 財団法人ニューメディア開発協会
プロジェクト番号P04002
部署名技術開発推進部
和文要約 テンプレート保護技術とは、生体情報を変換あるいは暗号化したまま登録・認証を行い、万が一登録生体情報が漏洩した際には、変換パラメータや登録情報を更新して安全性を回復できる技術である。仮にシステム管理者の不正があったとしても元の生体情報が漏洩することがないため、バイオメトリクス認証に対する利用者の不安を払拭し、かつ、生体情報管理コストを削減できる技術として近年注目されている。例えば、近年、多くの国々でバイオメトリクス認証を組み込んだ国民 (住民) ID カードの導入が進められており、このようなバイオメトリクスを利用した認証インフラの導入・整備が、今後ますます多くの国々で進められることが予想されるが、このような大規模な認証インフラにバイオメトリクス認証を導入する際にはテンプレート保護技術が不可欠となる。しかしながら、種々のテンプレート保護技術を客観的に評価可能な明確な安全性評価基準は未だ確立していない。EUでは既にFP 7 の支援を受けた TURBINE プロジェクトにおいて、テンプレート保護技術に関するISO/IEC 24745 が提案されて規格化に向かっているが、この提案は精度や安全性評価に関する提案というよりは、むしろ、テンプレート保護技術を組み込むシステム構成の枠組みに関する提案である。
 本事業では、テンプレート保護技術の客観的な安全性評価指標を確立して、国産技術を他国に先駆けて評価し、客観的な評価を背景に国産技術の標準化を後押しすることを目的として、既存のテンプレート保護技術における安全性評価基準の調査・検討、評価用データベース構築に向けた調査に必要なデータ収集や実験等を行った。
 具体的な研究開発の内容は以下の(1)、(2)である。
 (1) 既存技術の認証精度・安全性の評価基準の調査と標準規格提案の評価基準の検討
 既存のテンプレート保護技術や関連する標準規格における認証精度や安全性の評価基準について調査し、ISO国際規格として提案すべき評価基準を検討した。また、来期以降の標準化提案の方向性を打ち出すための知見とするため、本事業に関連する国際標準化委員会や学界での活動・研究の現状と今後の方向性についてまとめた。
 (2) バイオメトリクスデータベース構築のための調査・検討
標準化に向けた性能評価のためのバイオメトリクスデータベースを構築するため、データ構造のモデルに関する調査・検討を行った。とくに、ノイズモデルを考慮した高精度データベースによる性能評価技術の構築のための調査・実験として、主要なモダリティ(生体部位と取得方法)について通常精度の生体データ読取装置と高精細な読取装置を用いて生体データを採取し、高精細データの有用性や通常精度データで発生するノイズについて調査等を行った。
英文要約 A biometric template protection scheme is a biometric authentication technique which executes enrolment and matching without leaking user's original biometric samples or templates (reference measures based on features extracted from enrolment biometric samples) and, if stored templates are compromised, reissues them and recovers the security of the system. Recently this technique increasingly attracts attention because it can ease users' uneasiness about presenting their own biometric samples to the system and reduce the cost of biometric data management. Even if a system administrator is malicious, this scheme prevents the leakage of users' biometric information. For example, in these years, more and more national governments are planning to issue national ID cards incorporating biometric authentication. A template protection scheme will surely be indispensable for such a large-scale biometric authentication infrastructure. However, there is no ISO international standard which can definitely (quantitatively) evaluate the security of various template protection schemes. The international standard ISO/IEC 24745, whose standardization is supported by the TURBINE research project (http://www.turbine-project.eu/) funded from the European Community's 7th Framework Programme (FP7/2007-2013), provides guidance for the protection of biometric information, however this International Standard is just a suggestion of system models embedding template protection schemes and is not sufficient as a criteria to evaluate the accuracy and the security of template protection schemes.
 The purpose of this project is to establish definite (quantitative) evaluation measures, evaluate domestic techniques by the established measures ahead of other countries and support the standardization activities of appropriate evaluation criteria. In this fiscal year, this research project investigated evaluation measures used in previous template protection schemes, discussed appropriate evaluation criteria, and performed some experiments for some major modalities, fingerprint, iris, finger-vein pattern. The objects of this project are the followings (i), (ii).
(i) This project investigated criteria to evaluate accuracy and security used in existing techniques, studied evaluation criteria to be included in a new work item proposal to ISO in the future and moreover surveyed current situation and future prospect of relevant academic researches and related international standard activities.
(ii) This project experimentally studied investigated feasibility of performance evaluation by using Ground Truth database consisting of highly precise biometric samples for the above major modalities.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る