成果報告書詳細
管理番号20110000001343
タイトル平成22年度成果報告書 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水資源管理技術研究開発 水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究 「東南アジア地域での高濁度河川水利用型浄水供給システムによる水循環事業」に係る実施可能性調査(フェーズ2)
公開日2011/8/30
報告書年度2010 - 2011
委託先名メタウォーター株式会社
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約本プロジェクトは、セラミック膜ろ過浄水技術を用いて高濁度河川水を水源として活用する省エネルギー型浄水システムの構築と、それによる小規模分散型用水供給事業の実証、及びその普及展開活動を目的として実施するものである。本業務(フェーズ2)においては、それらに係る実証施設の詳細設計及び実施可能性調査を行った。実証研究はベトナム/トゥアティエン-フエ省において実施することとし、省内における候補地調査の結果、水源水質や立地条件などが本事業の目的に合致し、さらに将来的に用水供給事業者として安定的な水需要が見込まれる地区を事業実施サイトとして選定した。実証施設は、フエ市内に設置される中央管理センターと農村地区に分散配置される2ヶ所の浄水場の計3ヶ所の施設で構成される。このうち、中央管理センターはトゥアティエン・フエ省水道公社(HueWACO)が管理するQuang Te 2浄水場内に計画した。ここには2ヶ所の無人浄水場を遠隔監視するための監視システムと職員の研修及び成果普及展開のためのデモンストレーションを目的とするセラミック膜ろ過浄水設備(計画浄水量500m3/日)を設置することとした。また、郊外の2浄水場はそれぞれ1500m3/日の計画浄水量を有する無人自動運転の浄水施設とした。浄水処理フローは、除濁及び消毒のためのセラミック膜ろ過設備と消毒剤注入設備に、近年この地域で問題となっている溶解性マンガンを除去するためのマンガン酸化設備、臭気物質その他の一時的な有機物汚染に対応するための粉末活性炭注入設備が付加されていることが特徴となっている。電気設備については、頻発すると予想される停電に備えるために自家発電設備を設置すると共に、実証地域における年間の発電量基礎データを取得するための小規模な太陽光発電設備を計画した。また、本事業に際して、実証施設で処理された浄水を輸送し一般需要家に供給するための配水施設は、ベトナム国側(水道事業者であるHueWACO)の負担において整備することについて合意を得た。本プロジェクト終了後に実証施設を引き継いで実際の用水供給事業を行っていく体制として、メタウォーターとHueWACOの子会社の出資によるSPCの設立を計画した。このSPCによる運営を前提として、詳細設計から試算した建設費と運転管理費をベースに事業採算性の評価を行った。その結果、本事業は10年以上の事業継続により十分に投資回収が可能であり、長期安定的な需要と現地の経済成長に合わせた成長性によるリターンを享受できるものとして、事業として有効なものであることが示された。さらに、新たな初期投資を前提とした新規事業における経済性を試算したところ、事業開始5年目で純損益が黒字転換し、累積損失は10年程度、ネットデットは20年程度でそれぞれ解消され、30年間の事業スパンを見た時には、更新投資への備えも可能という結果が得られた。この30年間の事業により、キャッシュベースIRRは9.2%となり、海外公共事業に求められる投資リターンを確保できることが示された。ただし、現地の経済成長(物価上昇率や水道料金の伸び率)が想定を下回り、仮に物価上昇率が4%に低下、それに伴い水道料金の伸び率も低下したと仮定した場合、IRRは5%程度に低下すると試算された。このようなリスクを踏まえ、物価上昇のみならず供給水質や水量安定性の向上が水道料金の改定余地にどの程度プラスの影響を与えるかといった調査検討を、一方で事業費のコストダウン方策についての検討を今後のプロジェクトにおいて継続していく。
英文要約This project has been studied for the purpose of establishing an energy-saving water treatment system using a ceramic membrane water treatment technology for high turbidity river water as water source. The project has also been performed to demonstrate water supply business and dissemination of small-scale water supply system. In Phase 2, a detailed design and feasibility study of related demonstration systems are conducted. As a result of a survey for candidate sites conducted in Thua Thien-Hue Province in Vietnam, demonstration sites in a district which meets the purpose of this project in terms of quality of water source and location conditions were selected. It is in an area where stable water demand is expected for the future water supply business. The demonstration facility is composed of 3 facilities, a central control center constructed in Hue City, and two WTPs in rural areas. The plan calls for the central control center to be located at Quang Te 2 WTP, which is managed by HueWACO, the Water Company managed by Thua Tien-Hue Province. A remote monitoring system for the two unattended WTPs, and a ceramic membrane filtration system (design filtration flow of 500m3/d) for training employees and demonstrating the results and potential for further development will also be installed. The two WTPs in the suburbs will be developed as unattended, automated treatment plants, each with a design filtration flow of 1,500m3/d. The feature of the system is that the flow of water treatment will include a ceramic membrane filtration system for turbidity removal and disinfection, a disinfectant dosing facility, and a manganese oxidation system to remove soluble manganese, which is a recent problem in the area, and a powder-activated carbon feeding system to respond to aubstances causing orders and temporary organic contamination. Planned electrical facilities for the system include a standby generator to prepare for power failures assumed to frequently happen, and a small solar power generation system. We will also acquire basic data on annual electrical power generation in the demonstration area. It has been agreed that Vietnam government will bear the cost of constructing the water distribution facilities to supply treated water at the demonstration facility to general consumers. As for the system to engage in the actual water supply business succeeding the demonstration facilities after the project, we are planning to form an SPC with capital provided by Metawater and a HueWACO subsidiary. Assuming management by the SPC, we evaluated business profitability based on the construction cost and operation and maintenance cost estimated on the basis of the detailed design. The results indicate that the business can be effectively managed, a sufficient return on investment can be recovered by continuous operation for 10 years or more, and returns can be obtained from growth reflecting long-term stable demand and local economic growth.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る