成果報告書詳細
管理番号20110000001348
タイトル平成22年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業FS 低濃度炭鉱メタンガス(CMM)濃縮技術実証事業(中国)
公開日2011/8/30
報告書年度2010 - 2010
委託先名大阪瓦斯株式会社 大阪ガスエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約低濃度炭鉱メタンガス(CMM)濃縮技術実証事業(中国)」の目的は、大気放散され、未利用となっているメタン濃度が低いCMMを有効利用し、省エネルギー及び地球環境保全の推進を可能にするCMM濃縮技術の中国国内での導入と普及の可能性を調査研究することである。本FSでは、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構から委託を受け、平成21年度に実施した「国際石炭利用対策事業 クリーン・コール・テクノロジー実証普及事業(FS) 炭鉱メタンガス(CMM)の濃縮と有効利用に関する実証普及事業FS(中国)」の結果に基づき、事業実施計画の策定及び普及可能性の検討を行った。なお、当該事業の対象技術は、大阪ガス株式会社の関連会社である株式会社ガスアンドパワーインベストメント(当時)が、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「提案公募型開発支援研究協力」として委託を受け、平成19年度、平成20年度の2年間に亘り、中国における低濃度CMMの有効利用に向けて、炭鉱メタン濃縮技術を現地にて実証し、技術確立したものである。本FSの対象サイトである山西~安(集団)有限責任公司の余吾炭鉱にて、現地詳細調査、事業実施計画の策定を実施した。事業実施計画には、本事業の基本計画、設備構成、取り合い条件/所掌範囲、各設備の詳細仕様、業務/費用分担、事業スケジュールが含まれる。事業実施計画に基づき、本事業時点では、イニシャルコストが847百万円、年間コストメリットが98百万円、本事業の単純投資回収期間が8.63年となることを算定した。また、本事業を実施後、コストダウンなどを進めていくことで、普及段階の単純投資回収年は、4.98年となることを算定し、十分な経済性を期待できることが確認された。さらに、本事業を実施することにより、代替エネルギー効果が180TJ/年、温室効果ガス削減量が約9万t-CO2/年となることが見込まれ、環境性にも優れていることを確認した。環境性に優れていることから、中国政府や各省の政府などからの補助制度や優遇税制の対象にもなることが期待され、経済性の向上により普及が促進される。
本事業のパートナーである路安集団は、実施サイトである余吾炭鉱で数台の増設を希望し、傘下に13の炭鉱を保有していることから、水平展開も期待できる。本事業をモデル事業として位置づけ、山西省内でのCMM濃縮技術の普及促進を行い、さらには中国全土に普及させていくことが可能となる。
英文要約he purpose of the Low-concentration Coal Mine Methane (CMM) Gas Concentration Technology Demonstration Project (China) is to survey and study the feasibility of introducing and diffusing within China CMM concentration technology that will make it possible to advance energy conservation and global environmental preservation by using low-methane-concentration CMM, which is emitted into the atmosphere in an unused state. In this feasibility study, the results of the International Coal Utilization Project, the Clean Coal Technology Demonstrative Diffusion Project (FS) and the Feasibility Study on the Demonstrative Diffusion Project on Coal Mine Methane Gas (CMM) Concentration and Effective Utilization (China), conducted under a commission from NEDO, an independent administrative institution, in fiscal 2009, were used to formulate a project implementation plan and study the possibility of diffusion of this technology. The technology targeted by this project was established by the then Gas and Power Investment, Co., Ltd., an affiliated company of Osaka Gas Co., Ltd., which demonstrated coal mine methane technology on-site in a “development assisting research cooperation in the form of a publicly invited proposal” under a commission from NEDO, an independent administrative institution, for two years covering fiscal years 2007 and 2008, with the aim of utilizing low-concentration CMM effectively in China. The on-site detailed survey and formulation of the project implementation plan were conducted at the Yuwu coal mine of Shanxi Luan (Group) Limited Liability Company, which is the site for the object of this feasibility study. The project implementation plan includes the basic plan of this project, composition of facilities, interface conditions/scopes of control, detailed specifications of individual facilities, allocation of activities/expenses, and project schedule. The calculation made on the basis of the project implementation plan shows, at the point in time of this project, that the initial cost is 847 million yen, the annual cost advantage 98 million yen, and the simple recovery period for the investment in this project 8.63 years. The calculation also shows that the simple recovery period for investment at the diffusion stage will be 4.98 years as a result of rationalization expected after the implementation of this project, ensuring adequate cost-effectiveness. The implementation of this project allows an expectation of an alternative energy effect of 180 TJ/year and a reduction in greenhouse gas of about 91,282 t-CO2/year, which confirms the advantage of this project in terms of environmental preservation. It is expected that the advantage in environmental preservation will enable this project to attract subsidies and preferential taxation from the Chinese Government and provincial governments, and improvement in the cost-effectiveness will help promote the diffusion of this technology. The Luan Group, the partner in this project, has 13 coal mines under its control and desires an additional installation of several facilities based on this technology at the Yuwu coal mine, which allows an expectation of horizontal development of this technology. These circumstances allow this project to be ranked as a model one, making it possible to promote the diffusion of CMM concentration technology within the Province of Shanxi and further, to other locations all over China.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る