成果報告書詳細
管理番号20110000000715
タイトル平成22年度成果報告書 クリーン・コール・テクノロジー推進事業 産炭国における低品位炭高度利用に係る環境制約要因への対応に関する調査
公開日2011/9/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名大阪瓦斯株式会社 東洋エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P92003
部署名環境部
和文要約今後更にエネルギー需要の増大が予想されるインドネシアにおいて、豊富に埋蔵されている未利用の低品位炭を有効活用していくことは、インドネシア国内のみならず、我が国のエネルギーセキュリティにとっても大変重要である。しかし、低品位炭は多くの水分を含むことから燃焼やガス化等で利用する際に大量の二酸化炭素(以下、CO2)を排出する。したがって、低品位炭の有効利用を進めるためには、地球温暖化防止の観点から大量に発生するCO2を地下貯留(CCS、EOR、ECBM等)等により処理することが重要となってくる。
本事業では、低品位炭の活用が重要な課題となっているインドネシアにおいて、CO2発生源となる低品位炭利用プロセスの立地を複数特定し、その近隣でCO2貯留が可能と推定される地点の検討、及びCO2貯留の実現可能性について調査を行った。
先ず、インドネシアにおいて肥料工場やメタノール工場などの現状調査、および事業に利用する低品位炭の調査、選定を実施した。工場の現状調査の結果より低品位炭を利用して製造するメタノール、尿素の生産量を想定した。代替天然ガスに関しては、既存のLNG基地を考慮して生産量を想定した。選定した低品位炭を利用して想定した生産量の代替天然ガス、メタノール、尿素を製造する際に発生するCO2排出量規模をプロセス計算を行い推定した。低品位炭を利用して合成ガスから代替天然ガス、メタノール、尿素を製造する事業候補地を5箇所(BEP炭坑山元、ボンタンLNG基地、サマリンダ、PEB炭坑山元、パレンバン)選定しCO2排出量規模を約500万トン/年と試算した。
5箇所の事業の候補地近傍においてCO2貯留の可能性がある油田を選定するためのスクリーニングを実施した。選定した油田においてCO2貯留ポテンシャルの推定方法の検討及び概略のCO2貯留量の推定を行った。結果、東カリマンタンおよび南スマトラにおいて、想定したCO2排出量に対して100年間以上CO2を貯留できるポテンシャルがあることが分かった。更に、CO2貯留に関する概念設計を行い、概略コストを算出した。
東カリマンタンおよび南スマトラの炭層において、100年間以上CO2を貯留できるポテンシャルがあることが分かった。
今後の課題として、検討結果より東カリマンタンおよび南スマトラでCO2貯留ポテンシャルは十分あると想定されるが、これは初期段階の超概略検討の結果であり今後更に詳細な調査を実施する必要がある。
英文要約The increase of energy demand is expected in Indonesia from now on, and it is very important to utilize a lot of unused low rank coal for energy security in not only Indonesia but also Japan. However a lot of CO2 is produced in the process of combustion and gasification of low rank coal because it contains a lot of moisture. Therefore, it is important to handle a lot of CO2 with CO2 underground storage (CCS, EOR, ECBM etc.) in terms of prevention of global warming to encourage the effective utilization of low rank coal.
In this project, the several locations of plants utilizing low rank coal were selected in Indonesia where the utilization of low rank coal is important, and the research of possible locations and the feasibility study for CO2 storage were carried out in the near area from plant locations.
First, the current situation survey of fertilizer plants and methanol plants were carried out, and the low rank coals used for operation of plants were investigated and selected. The volume of production of methanol and urea was assumed from the result of current situation survey of fertilizer plants and methanol plants. The volume of SNG production was assumed from existing LNG plant. CO2 volume produced in producing process of SNG, methanol and urea from the selected low rank coals were assumed based on process simulation. 5 potential locations of plants (mine head of BEP coal pit, Bontang LNG terminal, Samarinda, mine head of PEB coal pit, Palenbang) were selected and CO2 volume produced there were assumed as about 5 Mt-CO2 / year. The screening of oil fields was carried out to select the oil fields with possibility of CO2 storage near 5 potential locations of plants. The research of method for assuming CO2 storage potential and the rough assumption of CO2 storage volume were carried out in the selected oil fields. It was found out from the result of the research and the assumption that there is a potential to storage the approximate CO2 emission over 100 years in East Kalimantan and South Sumatora. Furthermore, the concept design of CO2 storage was carried out, and the rough cost was estimated based on the concept design.
It was found out that there is a potential of CO2 storage over 100 years around coal pits in East Kalimantan and South Sumatora.
As future tasks, although it is expected from this result of this research that there is sufficient potential of CO2 storage in East Kalimantan and South Sumatora, that is the result from the early stage research and the more detailed research should be carried out in the future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る