成果報告書詳細
管理番号20110000000892
タイトル*平成22年度中間年報 固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発 基盤技術開発 低白金化技術
公開日2011/9/28
報告書年度2010 - 2010
委託先名学校法人同志社 国立大学法人千葉大学 公立大学法人大阪府立大学 国立大学法人京都大学 株式会社豊田中央研究所 国立大学法人東北大学 国立大学法人信州大学 東芝燃料電池システム株式会社 国立大学法人京都工芸繊維大学 株式会社東レリサーチセンター 日産自動車株式会社 アイシン精機株式会社
プロジェクト番号P10001
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等
(1) 目的・概要
固体高分子形燃料電池(PEFC)はアノード、カソードともに高価な白金を触媒として用いており、これがスタック製造コストを引き上げる原因となっている。また、白金は資源量の観点からも問題が残されている。従って、白金使用量の飛躍的低減は燃料電池自動車の実用化、普及にとって不可欠の課題であり、白金の触媒活性および耐久性を向上させ、白金の使用量を現状の1/10以下に低減することが求められている。このようなPEFC開発を取り巻く情勢を背景に、本研究開発では白金が本来有する機能を極限まで引き出し、白金使用量を飛躍的に低減可能とする高活性かつ高耐久性の触媒ならびに触媒解析・評価技術の開発を目的とし、特に高活性化技術としてコアシェル技術を中心として、下記のプロジェクト全体目標を設定して開発を進めている。
英文要約Title: Development of PEFC Technologies Aiming for Practical Application. Base Technology. Development of Innovative Technologies to Reduce Platinum (Pt) Usage (FY2010-FY2012) FY2010 Annual Report
Reduction of the usage of platinum, which is used as a catalyst, in polymer electrolyte fuel cells (PEFCs) is one of the
most important issues for the widespread commercialization of PEFC-driven vehicles. The goal of this project is to
develop innovative technologies that can reduce the platinum usage to 1/10 of the present level (< 0.1 g/KW) in
FY2015. To obtain the goal, comprehensive research and development of catalyst technologies for high activity and
durability, especially focusing on Pt core-shell catalysts, has been carried out through a collaboration of twelve
academic and industrial institutions. Doshisha University, Chiba University, Osaka Prefecture University, Kyoto
University, Tohoku University, and Toyota Central R&D Laboratories have been in charge of the development of highly
active Pt catalysts. Shinshu University, Toshiba Fuel Cell Power Systems Corporation, Kyoto Institute of Technology, and Toray Research Center have developed technologies for high durability. Nissan Motor Co.,Ltd., and Aisin Seiki Co.,Ltd.
develop techniques for evaluation and analysis to support catalyst development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る