成果報告書詳細
管理番号20110000001069
タイトル平成21年度成果報告書 標準化フォローアップ事業 医用波形データの標準化事業
公開日2011/9/9
報告書年度2009 - 2009
委託先名財団法人医療情報システム開発センター 日本光電工業株式会社
プロジェクト番号P04002
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約平成21年度医用波形データの標準化は、新たに、運動、薬剤による負荷を与えながら検査する心電図をMFERで記述するためのMFER Part3-3(負荷心電図規約)の日本語原案を作成した。その他ISO/TC215に提案した4つのMFER規約はすべて原案である。ISO/TC215/JWG会議10月にダーラム(アメリカ)で行われ、MFER Part2-5(CDA R2での実装規約)、Part2-6(SCP-ECG変換規約)、Part3-1(標準12 誘導心電図規約)、Part3-2(長時間心電図規約)を投票にかけることが決定した。その後12月にMFER Part2-5、Part2-6、Part3-1、Part3-2をNWIP投票にかけるためのForm4を提出し、2010年2月8日にTC215参加国に対してNWIP投票として回付された。投票締切りは5月8日である。NWIPの可決には賛成過半数と、5カ国以上の参加表明が不可欠である。投票期間は3ヶ月であり、万が一否決されると再提案し直さなければならない。今後も会議等に参加し、参加国を増やすよう調整が必要である。MFERはISO/TC215(保健医療情報分野)の、WG7(Devices)で検討されている。ISO/TC215は、CEN,IEEE,HL7等国際的標準化団体と協調して標準化を進めており、合同でのWGも開催している。MFERについても、CEN,IEEE,HL7等と一緒に検討する機会が増えた。WG7に関連する会議は、9月にISO/IEEE/CEN/HL7合同WG、ISO/TC215/JWG、10月にICH-PCD、1月にISO/IEEE/HL7/CEN 1月作業部会が開催された。それぞれの会議にエキスパートを派遣し、MFERについて各標準化団体の代表者への説明や、質問を受ける等、MFERを含む標準化活動を進めている。国内での標準化推進のため、ISO/TS11073-92001:2007をHELICS協議会(医療情報標準化推進協議会)に申請し、HELICS指針として9月に採択された。また、MFERの普及のために海外での調査、国内での学会発表等を行った。海外での調査活動としてデュッセルドルフで毎年開催されている医療機器に関する世界で一番大規模な展示会「MEDICA」にて調査を行った。中国製の安価な製品の増加が目を引いた。国内での普及活動として7月に第26回日本心電学会学術集会(京都)でブース出展を行い、パネル、大型モニタなどを使いMFERビューアの活用、MFER規約の説明、パンフレットの配布等、MFERの普及活動を行った。さらに11月に医療情報学連合大会学術集会(広島)ではランチョンセミナーを行い、120名余の参加者に対し、MFERの必要性、利点などの説明、製品化等について発表と質疑応答、意見交換を行った。日本では大手心電計メーカからMFER出力を実装した新しい心電計が販売されるようになった。今後は電子カルテ等各種医療情報システムで実装されるよう、活動する必要がある。現在TSになっているISO/TS11073-92001:2007をIS(国際規格)とするためには規格の整備だけではなく、使用頻度等実績も重要な観点となるため、製品化、医療システムでの実装は今後のMFERの普及に大きな意味を持つ。MEDICAで見られたように中国から安い医療機器が販売されるようになると、MFERも国内での普及だけではなく、海外での普及を検討する時に中国は重要な役割を持つようになると思われる。
英文要約Title: Project for Standardization of Medical Waveform Data(2009FY Result Report)
We were able to describe an electrocardiogram (ECG) to examine while giving stress by the exercise or medicine as standardization of medical waveform data in MFER in 2009FY. This is a Japanese original rules, MFER Part3-3 (Stress Test ECG). We have presented four MFER rules to ISO/TC215 (Health Informatics). The ISO/TC215/JWG meeting was held in Durham (U.S.A.) in last October. In this meeting, MFER Part2-5 (Medical waveform format-Part 92205: Physiological report using CDA), Part2-6 (Medical waveform format-Part 92206: Conversion from SCP-ECG), Part3-1 (Medical waveform format-Encoding rules-ECG), and Part3-2 (Medical waveform format-Encoding rules-Long term ECG) were decided to vote. We submitted Form4 of them to ISO/TC215 secretariat for NWIP ballot in last December. Four NWIP ballots were circulated on February 8, 2010 to the TC215 participating members (P members). The deadline of the vote is on May 8. The NWIP ballot approval is necessary of majority of P members and nomination of experts from more than 5 countries. If the ballots are not approved, it must be submitted again. MFER is discussed in WG7 (Devices) of ISO/TC215 which harmonizes standardization with CEN, IEEE and HL7 international standardization organizations. Joint WG meetings are held, too. About MFER, meeting with CEN, IEEE, and HL7 increased. The meetings ISO/IEEE/CEN/HL7 joint WG were held in last September, October and this January. A Japanese expert attended all meetings. And we take explanation to the representative of each standardization organization and push forward standardization activity of MFER. We performed the standardization in Japan. We applied ISO/TS11073-92001:2007 to the HELICS (Health Information and Communication Standards Board). MFER became one of the HELICS guidelines in last September. We researched in foreign countries for the spread of MFER. We researched it in "MEDICA" which was the largest exhibition in the world about medical equipment held in Dusseldorf every year. Cheap products made in China increased by this exhibition. We carried out next activity as spread activity in Japan. We performed the exhibition in the booth at the 26th Annual Meeting of the Japanese Society of Electrocardiology science meeting (Kyoto) in last July. And, we held a luncheon seminar at The 29th Joint Conference on Medical Informatics (Hiroshima) in last November. 120 people participated in this seminar. The new electrocardiograph which implemented the MFER output came to be sold recently in Japan by the major electrocardiograph makers. We should act to implement MFER in medical information systems now. ISO/TS11073-92001:2007 which is TS now need next stage when will become IS (international standard). It is important that the maintenance of the specification and the points of implementation with the medical system for frequency results. It seems that China comes to have an important role when we act for the spread of MFER in foreign countries.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る