成果報告書詳細
管理番号20110000001138
タイトル*平成22年度中間年報 ナノテク・先端部材実用化研究開発/マイクロ波による金属薄膜の形成及びそのパターン化技術の研究開発
公開日2011/9/9
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人東京工業大学 昭和電工株式会社
プロジェクト番号P05023
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 研究開発項目「(1)ナノ粒子の調製技術開発」≪東京工業大学担当≫ 回路材料としての実績のあるCu、Alのような金属を素材とするナノ粒子のマイクロ波調製技術の基盤技術開発を実施する
。銀ナノ粒子コアー銅シェル構造型ナノ粒子において表面銅は、酸化されないことがわかっていることから、コア部の銀ナノ粒子サイズと銅シェル部分の割合を変化させ、銅の割合が高くかつ耐酸化性のナノ粒子を調製する。
英文要約Core-shell nanoparticles of silver and copper were developed with a microwave irradiation. The shell/core (Cu/Ag) ratio increased to 10. Furthermore, We have been developing metal ink which include small amount of binder resin. Using the bider resin which has high thickening effect and moderate spinnability in the solution, a pattern of line width 100microns was obtained with screen printing. We tested insulating resins as protective coatings of printed circuits. Carboxyl group-containing urethane resins and epoxy resins showed high insulation reliability.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る