成果報告書詳細
管理番号20110000001147
タイトル*平成22年度中間年報 ナノテク・先端部材実用化研究開発/新幹線用ハイブリッドセラミックスディスクブレーキ部材開発(1)
公開日2011/9/9
報告書年度2010 - 2010
委託先名コバレントマテリアル株式会社
プロジェクト番号P05023
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 (1) 高速ネットシェープディスク成形技術 本委託研究において、昨年度までにハイブリッドセラミックスブレーキディスクのプロセスの開発を行った結果、損傷許容性を有する炭素短繊維強化SiCセラミックス材料が得られた。 また、炭素繊維の特性が材料の機械特性に影響を与えることを見出した。 本年度は、炭素短繊維の長さが損傷許容性の指標となる破壊エネルギーと曲げ強さに与える影響を確認した。結果を図1に示す。 図1から破壊エネルギーと曲げ強さは繊維長に対して同様の傾向を示し、極大点を有することが分かった。
英文要約The fabricating techniques for hybrid ceramic disk brakes have been developed. It was found that mechanical properties of the disk improved by optimizing length of the raw material carbon fiber, and the results of braking test indicated that friction coefficient of this hybrid ceramic disk achieved target value. Moreover, integral molding of the radiation fins to brake disk was enabled by the development of forming process. Tensile strength tests of the hybrid ceramics were carried out by using our own method because slandered method for hybrid ceramics was not established. The results indicated that there was no different in the tensile strength between a Si-impregnated hybrid ceramics and a Si-Cu alloy-impregnated one. Furthermore, research of the improved method using disk shape four-point bending test was gotten started.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る