成果報告書詳細
管理番号20110000001206
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第2回採択産業技術研究助成事業 06A39701d 直噴射ディーゼルエンジン用耐高圧圧力弁の信頼性向上と強度評価法の確立 平成20年度中間
公開日2011/9/9
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人九州大学木田勝之
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約球の圧縮荷重下での立体的な変形挙動が圧力弁の評価に必要となることが本課題のこれまでの研究で明らかとなってきた。「3次元球変形測定システム」を導入し、変形を観察した。原子間力顕微鏡で、き裂の開口分布の観察を行った。また、大型球の変形とき裂計測のため、大型球に対応した高荷重での圧縮試験を行なえるようにした。3/16”, 3/8”, 7/16”球のき裂進展テストを行い(初期き裂長さ0.230mm~0.290mm)、き裂進展挙動を等価応力拡大係数で評価可能であることを発見したことである。また、残留応力を測定し、球径による残留応力とき裂の関係に特徴があることを明らかにした。
英文要約Our previous work showed that observation of the change in ball-shapes under high-pressures was needed in order to understand the strength of high-pressure ball valves. We developed a new system for measuring the changes of the balls. We carried out crack growth tests of three sizes balls (3/16”, 3/8” and 7/16”), and investigated factors controlling the growth behavior of the cracks whose initial length ranged from 0.230mm to 0.290mm. We found that the factors controlling the conditions are closely related to the equivalent stress intensity factor range. In order to discuss about the effects of residual stress on the crack growth we measured residual stress distributions by using an X-ray system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る