成果報告書詳細
管理番号20110000001230
タイトル平成22年度成果報告書 革新的ゼロエミッション石炭ガス化発電プロジェクト 発電からCO2貯留までのトータルシステムのフィジビリティー・スタディー CO2輸送システムの概念設計
公開日2011/9/9
報告書年度2010 - 2010
委託先名一般財団法人エンジニアリング協会 JFEテクノデザイン株式会社 大成建設株式会社 株式会社大林組 三菱重工業株式会社 三井造船株式会社
プロジェクト番号P08020
部署名環境部
和文要約 我が国でCCSを実用化していくためには、分離・回収したCO2を国内外に存在する複数の貯留層へ輸送し、貯留することが必要になってくる。そこで、CCSを実現するために「液化CO2船舶輸送」「CO2ハイドレート船舶輸送」「CO2パイプライン輸送」ついて実証機と商用機の2ケースの概念設計等を行った。
1.液化CO2船舶輸送
1.1 液化CO2輸送船の概念設計
 実証船、国内輸送商用船、海外輸送商用船を対象として、液化CO2貯蔵基地から貯留層側の貯蔵基地までの可能性のある輸送パターンを想定し、求められる輸送船の大きさ、速力、隻数、輸送ルートの分類・整理した。
1.2 陸上基地の概念設計
 実証機として811t/日の輸送量を想定し、運転温度・圧力、タンク容量を決定した。
 商用機として5,169t/日の輸送量を想定し、運転温度・圧力及び荒天待機による待ち時間を考慮してタンク容量を決定した。
1.3 洋上着底基地の概念設計
 CO2の輸送において、貯留サイト近傍に大型のCO2輸送船が着桟できるような港湾施設がない場合、洋上にCO2貯蔵基地を建設することが考えられる。
 概念設計は実証機用および商用機用の各重力式構造物について行い、各々について施工方法も検討した。
1.4 洋上浮体基地の概念設計
 商用機洋上浮体基地の概念設計として,波浪中動揺性能に優れたモノコラム形式とセミサブ形式の係留検討を実施した。
 経済性の観点から浮体形式にモノコラム形式を選定した。
2.CO2ハイドレート船舶輸送
 CO2ハイドレート船舶輸送システムは、メタン主成分の天然ガスハイドレートの製造、輸送、ガス化の研究・技術と類似要素が多いと推測されるため、それらとの違いや類似点を確認して新たな問題点、課題を抽出し、利用できる技術を調査した。
 実証機として、CO2ハイドレート輸送システムの要素を確定した。
 CO2ハイドレート製造装置/CO2ハイドレート貯蔵タンク/荷役装置/CO2ハイドレート輸送船/再ガス化装置
3.CO2パイプライン輸送
 既往技術調査 輸送流体の組成、国内の関係法規、国内のパイプライン敷設条件、海外の設計基準、腐食対策につき整理した。
 分離回収から貯留地点までのパイプライン・ルートを選定し、陸上部分が16.6km、海底部分が108kmとした。
英文要約Conceptual designs of “Liquefied CO2 Transport", “CO2 Hydrate Transport”, “CO2 Pipeline Transport” were considered to carry out CCS in Japan.
1. Liquefied CO2 Transport
1.1 Ship Transport of Liquefied CO2
The transport patterns between the capture site of CO2 and the storage site were examined for ship of experimental use and commercial use. The size, the speed, the number and the transport route of ships for experimental use and commercial use in domestic and international.
1.2 Onshore Terminal
The operating temperature, pressure and tank volume of the demonstration facilities were decided based on the daily transport volume of 811 tons.
The operating temperature, pressure and tank capacity of the commercial facilities were decided based on the daily transport volume with 5,169 tons and the delay due to the storm whether condition.
1.3 Offshore Gravity-Based Terminal
The offshore gravity-based terminal is one of the solutions for the transport of CO2 from capture plants to CO2 storage sites when a port is not available around there.
The conceptual design covers the offshore gravity-based terminal for both the pilot plant base and the commercial base and it also surveys construction methodology of them.
1.4 Offshore Floating Terminal
The various types of configuration of the floating CO2 storage base on full scale such as barge type, semi-submersible type and mono-column type were studied. As the result, the mono-column type was selected because it showed best performance on mooring and motion characteristics.
2. CO2 Hydrate Transport
It is presumed that the technology and the element of production, transport and re-gasification for CO2 hydrate are similar to those of natural gas hydrate (main component is methane).
As a basic system about the CO2 hydrate transportation, the components of CO2 hydrate transportation system were confirmed.
CO2 hydrate production equipment/ CO2 hydrate storage tanks/ Cargo handling equipment/ CO2 hydrate transport ships/ Re-gasification unit were studied.
3. CO2 Pipeline Transport
Composition of transported gas, regulations applicable to CO2 pipelines in Japan and other countries, and the allowable maximum water content were reviewed.
The pipeline route from the power plant to the storage site was determined. The pipeline consists of 16.6km of onshore portion and 108km of offshore portion.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る